カメづくし

ノロマ?カワイイ?ユーモラス? 見れば見るほど面白い。知れば知るほどハマっていく。 キバラガメのケビタとケビジの日常を通して奥深いカメの生態を浮き彫りにし、その魅力を掘り下げるカメブログです。

◆久々のゴハン

冬眠修行を終えた日、フードに興味は示すものの結局食べずじまいだったケビジ。

ただ今、水温は20℃台。ケビケビ的にはまだちょっと肌寒いみたいで

冬眠モードから抜け切れずボーッとしてる感じ。

本当は26℃前後が適温だと思うけど、少しずつ上げて春の訪れを演出してるつもり。

翌日、一粒だけあげてみると、ケビタと全く同じで口に含んでモゴモゴモゴモゴ

噛み砕いて食い散らかしながら食べたような食べてないような。

f:id:tarojiroko:20170118060744j:plain

f:id:tarojiroko:20170118060746j:plain

 

三度の飯より干し干し好きの本領発揮。

冬眠を断固拒否してご満悦で干し干しに興じる姿を見てると、

何だか全てがケビジの思惑通りに進んだような気がしてくる。

ケビタはまず間違い無く「冬眠しないっ子」だろうとは思ったけど、

今になって思えばダークホースはケビジだったわけよね。

f:id:tarojiroko:20170118142412j:plain

 

「ねーねー、聞こえてるんでしょ~?」

f:id:tarojiroko:20170118142420j:plain

 

一方のケビタは結構なハイペースであっという間に25粒ほど完食。

f:id:tarojiroko:20170118143635j:plain

 

で、やっぱりこうなる。でも、急にいっぱい食べたらお腹がビックリしちゃうから

ちょっとずつね。

f:id:tarojiroko:20170118144004j:plain

 

で、こうなる。

f:id:tarojiroko:20170118150254j:plain

 

ケビジは10粒ほど。

f:id:tarojiroko:20170118174010j:plain

 

翌日はゴハンはあげず、一日置いて翌々日。エビの入ったパッケージを見せてみたら、

わらわらと寄って来るケビケビ。

f:id:tarojiroko:20170120070307j:plain

 

特にこの方が興味津々。

f:id:tarojiroko:20170120070316j:plain

 

一ヶ月のゴハン抜きに耐えたご褒美に特大エビを進呈。

f:id:tarojiroko:20170120070441j:plain

 

この光景も久しぶり。

f:id:tarojiroko:20170120070504j:plain

 

ケビジちゃんにも特大エビを進呈。

f:id:tarojiroko:20170120070541j:plain

 

ケビタでさえ噛み砕いて食べていた大きなエビを一口で丸呑み。

f:id:tarojiroko:20170120070558j:plain

 

そして、食べ終わるとすぐに干し干し開始。

「もう干すの?」

f:id:tarojiroko:20170120071102j:plain

 

で、この方はこうなる。

f:id:tarojiroko:20170120071132j:plain

 

徐々に日常が戻りつつあるケビ家なのだった。

◆冬眠の顛末

二日連続で黄色っぽい排泄物を出した ケビジ。

その後、三日ほど様子を見たけど排泄物は出さなくなって、特に変わった様子も無い。

f:id:tarojiroko:20170116094455j:plain

 

それどころか、何だか分からないけど前よりアクティブになってるような~・・・

f:id:tarojiroko:20170116100800j:plain

 

まるで冬眠してるかのように動きが無いケビタを尻目にゴソゴソ動き回るケビジ。

f:id:tarojiroko:20170116100814j:plain

 

あんまり動き回られると心配だし、そろそろ冬眠用水槽に入ってもらおうかな?

f:id:tarojiroko:20170116101919j:plain

 

「ちょっと失礼!」

f:id:tarojiroko:20170116113254j:plain

 

「今日からここがケビジのお部屋だよ」

f:id:tarojiroko:20170116113400j:plain

 

「居心地、どう?」

f:id:tarojiroko:20170116113520j:plain

 

「今日はここでネンネしようね」

f:id:tarojiroko:20170116143401j:plain

 

「ネンネしな」

f:id:tarojiroko:20170116154825j:plain

 

「ネンネしなってば」

f:id:tarojiroko:20170116172434j:plain

 

翌朝、覗いてみると今まで見た事も無い黒いような緑のような物体を排泄していた。

「ギャーッ!やっぱりまだウンチがあったの~!?」

f:id:tarojiroko:20170117093206j:plain

 

大慌てでいつもの水槽に戻してヒーターで少しずつ水温を上げて様子見。

幸い変わった様子は無いけど、ネットで調べた限りでは

いつもと違う色の排泄物をする原因のひとつとして考えられるのは、

急激な温度や環境の変化があるらしくて、水温に急激な変化は無かったから

環境の激変が気にくわなかったケビジが全力で拒否の姿勢を示したのかも。

f:id:tarojiroko:20170117045309j:plain

 

ところで、一日早くぬくぬく生活に戻ったケビタに「ゴハン食べる?」と

フードの容器を見せてみると・・・

f:id:tarojiroko:20170117122347j:plain

f:id:tarojiroko:20170117122401j:plain

f:id:tarojiroko:20170117122406j:plain

f:id:tarojiroko:20170117122441j:plain

 

食い付いてみたものの、ひたすらモグモグし続けて

途中でアゴが外れたのかと思うくらいアグアグしてたけど、

食い散らかした方が多くて殆どお口に入ってなかったような。

f:id:tarojiroko:20170117122452j:plain

 

ゴハン抜き生活の終盤、ケビジは干し干ししまくってたけど、

ケビタは半分冬眠生活みたいな感じだったんだよね~。

もしかして、ケビタを冬眠させた方が良かったのかも?

f:id:tarojiroko:20170117154524j:plain

 

そんなこんなでこの冬の一大行事「初冬眠チャレンジ」は幕を閉じたのであった。

 

 

◆まさかの自主冬眠!?

ゴハン抜き生活も一ヶ月を過ぎたケビケビ。

「こんな生活が一体いつまで続くのか!?」と不満をぶつけ合っているのか、

顔を突き合わせて何やら交信中。

 

「あら、何の内緒話デスカ?」

f:id:tarojiroko:20170110062701j:plain

 

寝る時も仲良く同じような体勢で。

f:id:tarojiroko:20170111195607j:plain

 

水温計を見てるだけだと実感が湧かないけど、

水温12℃台にもなると水換えの時に手がかじかむくらい冷たくて

「毎日こんな寒いところで頑張ってるんだなぁ・・・」と身に沁みる。

並べて置いてあるのに何故かケビタ水槽の水温はケビジ水槽より1℃低くて

もはや魂が抜けたようになってるケビタ。

f:id:tarojiroko:20170112174135j:plain

f:id:tarojiroko:20170112174150j:plain

 

最近はめっきり自給自足もしなくなったけど、

それでもまだ何かお腹の中に何か隠し持ってるかもしれないから、

念のため今回ケビタは冬眠見送りでケビジだけプチ冬眠してもらう事に。

ケビジはいつ冬眠入りしても良いように冬眠用水槽も準備万端。

f:id:tarojiroko:20170108105521j:plain

 

一応、陸地は二段階設置して好みの水深を選べるようにしてみた。

あとはここに移ってもらうだけなんだけど、ここにきてチト気になる事が。

f:id:tarojiroko:20170112145013j:plain

 

4日前にケビジ水槽にフヤフヤと漂っていた黄色い物体。

f:id:tarojiroko:20170111155242j:plain

 

一見、剥がれた甲羅のようにも見えたけど、

スポイトで取ってみると軟らかい物体だった。

出来かけの卵っぽいような気もするけどそんなワケないだろうし。

f:id:tarojiroko:20170111163857j:plain

 

翌日も似たような感じの黄色っぽいような白っぽいようなものが漂っていたけど、

当のケビジは特段変わった様子も無く干し干しに励んでる。

f:id:tarojiroko:20170113093357j:plain

f:id:tarojiroko:20170113093414j:plain

 

どっちにしろ今週末は寒波襲来で今日なんて19cmも雪が積もってたから、

2~3日様子を見る事にした。

f:id:tarojiroko:20170114060054j:plain

 

もしかして、胃の中にまだ未消化のものがあるのかなぁ?

f:id:tarojiroko:20170114060112j:plain

 

そして、今朝のケビケビ。やっぱり同じような体勢で寝てる。

f:id:tarojiroko:20170115062905j:plain

 

「ケビタ、おはよ~!起きた?」

f:id:tarojiroko:20170115063832j:plain

 

「えっ!?今、起きたばっかりなのにまた寝るの?」

f:id:tarojiroko:20170115063953j:plain

 

昨日から甲羅干しもしなくなって、ひたすら寝てばかり。

f:id:tarojiroko:20170115100746j:plain

 

・・・を見つめるケビジ。

f:id:tarojiroko:20170115111318j:plain

f:id:tarojiroko:20170115111322j:plain

 

まさかまさかの自主的冬眠?

◆無言の要求

近頃は揃って朝から干しまくってるケビケビ。

干し過ぎるのもちょっと心配になってくるんだけど、

甲羅干しというのは体力は消耗しないものなのかしら?

動かずにジーッとしてるだけだから大丈夫なのかな~?

まぁ、ゴハンがもらえないから、寝るか干すかぐらいしかやる事も無いんだろうけど。

f:id:tarojiroko:20170108083858j:plain

f:id:tarojiroko:20170108103603j:plain

 

この日は夕方になってケビジが干し干しを止めたので5日ぶりに水換え。

と言っても、食べてないからウンチも殆どしなくて水は全く汚れてないんだけど、

見た目通りに水質も綺麗かどうかは定かじゃないから念には念で。

水換えが終わって水槽に戻すと浮き島に手を掛けて何やら思案顔をしてたケビジさん。

f:id:tarojiroko:20170108161600j:plain

 

「あっ、緑のフサフサを戻すの忘れてた!ごめんごめん!」

f:id:tarojiroko:20170108161603j:plain

 

「あれ?違うの?」

f:id:tarojiroko:20170108161607j:plain

 

困り顔で目をシバシバさせてるケビジを見てはたと思い出した。

あっ、カルキ抜き入れるの忘れてた・・・・・・

カルキ抜きを入れる間、ちょっとだけケビタ水槽に入って待っててもらう事に。

 

束の間の同居。

f:id:tarojiroko:20170108161732j:plain

 

チラ見するケビタ。

f:id:tarojiroko:20170108161739j:plain

 

チャチャッと終わらせてケビジを回収。

モタモタしてたらケビジが飢えたケビタに食べられかねないしね。

f:id:tarojiroko:20170108161801j:plain

 

もうかれこれ一ヶ月近くゴハンを食べてなくて、体力も落ちてるせいか

この頃は見てて心配になるほど爆睡モードのケビケビ。

f:id:tarojiroko:20170108184238j:plain

f:id:tarojiroko:20170109052734j:plain

 

最近、ふと気付いたんだけど、ゴハン抜き生活が始まって以来、

以前と比べて表情にある変化が出てきた気がする。

ケビジはそうでもないんだけど・・・

f:id:tarojiroko:20170110164805j:plain

 

明らかにケビタの目つきが悪くなってる。

f:id:tarojiroko:20170110194217j:plain

 

冬眠が終わったら元通りになりますように。

◆連れ干しデー

いつものように朝から干し干しに励むケビジ。

心なしかゴハン抜き生活にも少々こなれてきた感もある。

f:id:tarojiroko:20170106094455j:plain

 

全くこなれずのっしのっしと歩き回るケビタ。

いや、ある意味こなれてきてヒーター無しで冷たい水の中でも大丈夫になったのかも。

f:id:tarojiroko:20170106062158j:plain

 

昼からは延々と干し干し。

夜になってライトを切って照明を消してもお構いなしに干し続ける。

f:id:tarojiroko:20170106202813j:plain

 

翌朝はまた精力的に食べ物を漁る。

f:id:tarojiroko:20170107061345j:plain

 

そして、また夜まで干しまくり。

f:id:tarojiroko:20170107195731j:plain

 

このヤケ干し効果でペラペラと剥がれまくる甲羅達。

f:id:tarojiroko:20170107172444j:plain

 

まさかそこまで計算してるワケじゃないだろうけど、

これが剥がれたら間違いなく食べちゃうから

爆睡してるところを狙ってちょっとずつ剥いてみたら

途中で気付かれてプンスカプンスカ猛烈な勢いで怒られた。

f:id:tarojiroko:20170107205517j:plain

 

そして、いつもなら適当に途中で干し干しを止めて水中でお昼寝モードに入るケビジが

何故か昨日はこのヤケ干しにお付き合い。

f:id:tarojiroko:20170107145027j:plain

 

2カメ揃って仲良く夜遅くまで干し続けていた。

そして、今週はゴハン抜き生活もいよいよ佳境に入り、

初のプチ冬眠入りまであと1週間となったケビケビなのだった。

 

◆年末年始の過ごし方

去年の大みそかは早々に爆睡モードに入りそのまま年越ししたケビケビ。

f:id:tarojiroko:20161231210707j:plain

 

何事も無く一夜明けて元旦の朝。

「ケビジ、あけおめ」

f:id:tarojiroko:20170101090534j:plain

 

「ケビタ、あけおめ」

f:id:tarojiroko:20170101065835j:plain

 

相変わらず朝イチで干し干しし始めるケビジ。

最近はこうして水中に頭を突っ込んだまま寝てたりするんだけど・・・

f:id:tarojiroko:20170101113637j:plain

 

「い、生きてるよねっ!?」

f:id:tarojiroko:20170101113645j:plain

 

この冬のカメ部屋は暖房を使わず出来るだけ寒くしてるもんだから

陸地も20℃以下で寒いせいかさすがのケビジもあまり長くは干し干しせず、

水中でウトウトしてる事が多い。

f:id:tarojiroko:20170102111747j:plain

 

遅めに干し干しを始めるケビタは一旦干し始めると夜中まで延々とやってる。

f:id:tarojiroko:20170103183253j:plain

 

「い、生きてるよねっ!?」

f:id:tarojiroko:20170103183256j:plain

 

今朝も陸地のライトを点けると同時にケビジが上陸しようとしてたけど、

水は冷たいし、しばらく食べてないから力が入らないのか

何度も落っこちそうになって上陸するのも一苦労な感じだった。

f:id:tarojiroko:20170105064514j:plain

 

ケビタもスロープの下で固まってる。

f:id:tarojiroko:20170105081418j:plain

f:id:tarojiroko:20170105083624j:plain

 

こんなに寒くてもあっちこっちペロペロと脱皮しかかってるケビジの甲羅。

そう言えば、ケビタのウンチの中にも剥がれた甲羅らしきものがたくさんあったっけ。

f:id:tarojiroko:20170104091411j:plain

 

ひょっとして、飢えたケビタがどうにかして自分で自分の甲羅を剥がして

食べたんじゃないかと思ってたんだけど。

f:id:tarojiroko:20170104061120j:plain

 

いや、ケビタならやりかねない。

 

◆あけおめ2017

あけましておめでとうございます。

本年もカメづくしをどうぞよろしくお願いします<(_ _*)>

f:id:tarojiroko:20170102151923p:plain