読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメづくし

ノロマ?カワイイ?ユーモラス? 見れば見るほど面白い。知れば知るほどハマっていく。 キバラガメのケビタとケビジの日常を通して奥深いカメの生態を浮き彫りにし、その魅力を掘り下げるカメブログです。

水族館・動物園巡り

◆オーストラリアと南の海の水族館

もう随分前の事にも思えるけど、夏休みにこんな企画展がある事を発見! 行こうと思ってた日に体調が悪くなったり、ナンダカンダやってるうちに 最終日目前になっちゃった。 でも、これは何が何でも行かないわけにはいきませぬ。 だってね・・・ 生まれたんだ…

◆宮島水族館(みやじマリン) 再訪

二年振り二度目の宮島水族館「みやじマリン」へ、 今回はグランドプリンスホテル広島から高速船でGO!! 30分弱で宮島港に到着。とにかく暑い!!鹿ちゃんも夏バテ気味。 暑いからゆっくりゆっくり歩いて約30分、汗だくになりつつどうにか到着。 いる…

◆類はカメを呼ぶ

すみだ水族館に行ったついでに、近くにある猛禽類カフェにも足を運んでみた。 今回は「猛禽類カフェ」だからカメ関係無いし タイトルは「カメづくし番外編」にしようと思ったんだけど・・・ カメ、いたーーーーーっ! 弱冠3歳のクサガメちゃん、タライから…

◆すみだ水族館

所用で行った久々の東京、せっかくだからすみだ水族館に行ってみた。 途中、60~90分待ちというスカイツリーの入場券売り場を通り過ぎ、 「チケット買うだけでそんなに待つなんてゾゾゾ~・・・」と思いつつ、 汗だくになりながらエントランスに到着! …

◆スマスイ

「年間パスポートがある内に行っとかねば」とスマスイに行って来た。 大水槽ではアカウミガメの悠ちゃんがチラッと見えたけど写真は撮れず。 人口ヒレを装着していなくてゆっくり泳いでいたけど元気そうだった。 そして、何はともあれ亀楽園へ。この日はお天…

◆姫路市立水族館

約1年半振りに訪れた姫路市立水族館では、 タイミング良くウミガメプールでエサやりタイムが始まるところだった。 確か前回もこんな子がいたような気がするけど、 ウミガメにもケビタのように食い意地が張った子がいるようで、 飼育員さんの足元でエサに一…

◆スマスイ再訪【ウミガメ編・番外編】

【ウミガメ】 今回もウミガメさん達はみんなとてもお腹が空いてるみたいで、 1回100円のエサに2000円以上を投資したけど、 体の割にエサが小さいからあんまりお腹の足しにはならなかったかも。 それでも、豪快に競い合って食べていました。 ヒレをサ…

◆スマスイ再訪【水棲ガメ編】

【オオヨコクビガメ】 このカメは、孵化した時に母ガメと子ガメが鳴き交わして コミュニケーションをとるんだそうです。どんな声で鳴くのかな~? 正面から見るとブタバナが可愛いね♪ 【マタマタ】 上からしか撮れない上に館内が薄暗いので分かりづらいんだ…

◆スマスイ再訪【亀楽園編】

カメさん達に会いに、またまた行って来ました 神戸市立須磨海浜水族園「スマスイ」! やっぱりまずは亀楽園でしょ~。 相変わらず思い思いに干してる干してる! 前回は12月で寒そうだったけど、今回は気候も良くて気持ち良さそう。 クサガメ、ニホンイシガ…

◆神戸市立須磨海浜水族園【グッズ編】

遥か遠い昔の事のように思えてきましたが、 スマスイ訪問記の締めくくりはカメグッズ編です。 まとめて一挙にご紹介します。 ドドォ~ン! クッション もしも将来ケビケビが座敷亀になったら使ってもらおうと思います。 ぬいぐるみ(アオウミガメ・アカウミ…

◆神戸市立須磨海浜水族園【番外編】

まだまだ続きます、スマスイ訪問記。 いきなりですけど皆さん、コレ何だか分かりますか? 人間のような顔をしていて手のようなヒレもある・・・ 黒バージョンもいました。 この不思議な生き物は一体・・・ 紹介プレートにはイソギンチャクの説明しかなくて …

◆神戸市立須磨海浜水族園【水棲ガメ・リクガメ編】

あまりにも盛りだくさんだったので、年を越して去年の話になってしまいましたが、 須磨海浜水族園(スマスイ)訪問記の続編です。 園内を歩いていると至る所にカメさんの足跡が。 こちらは企画展「スマスイで生まれた子ガメたち」のブースに 展示されている…

◆神戸市立須磨海浜水族園【亀楽園編】

以前、訪れた時には完全にスルーしていた淡水ガメ研究施設「亀楽園」。 見渡す限りカメだらけのスペースです。 ウジャ ウジャ わらわらと寄ってくる寄ってくる。 こちら保育園ゾーン。 ペットショップで売られているような小さいサイズの子もいました。 この…

◆神戸市立須磨海浜水族園【ウミガメ編】

人生2度目の須磨海浜水族園(スマスイ)へカメウォッチングに行ってきました。 須磨の街を歩いていると道路にお洒落なウミガメのタイルが! 寒かったけど天気は快晴。水族館日和です。 水族館もやっぱりこの時期はクリスマス仕様です。 オーナメントにもカ…

◆東京タワー水族館 再訪

市ヶ谷フィッシュセンターに行った後、せっかくの東京なので 東京タワー水族館にも行ってきました。 「いらっしゃいませ~!!」とばかりに何故か大の字になって浮いてるカエルさん。 【キバラガメ】 ケビ達と同じカメとは思えないほど、甲羅の曲線もペッタ…

◆天王寺動物園 爬虫類生態館 アイファー

前回も会ったインドホシガメの赤ちゃん。 「可愛いねぇ!あんまり大きくなってないね」 そりゃそうだ、あれから3ヶ月しか経ってないもんね。 ズンズン歩く大きいカメさんを必死で追いかける子ガメ。 「待ってぇ」 乗りたいのかな? ガックリうなだれて眠り…

◆神戸市立王子動物園【番外編】

王子動物園で出会ったカメさん以外の爬虫類とゾウさんのとある日常をお届け~! 【ワニ】(正式名不明、悪しからず・・・) 2頭仲良く並んで外を眺める後ろ姿はどこかほのぼのした雰囲気。 「もう秋だねぇ。」「でも今日はまだ暑いよね。」なんて会話が聞こ…

◆神戸市立王子動物園

幼少の頃、亀井一成氏に会うために母に連れて行ってもらった王子動物園に 数十年ぶりに行ってきました。 カメさんがいる「太陽の動物舎」。 ケヅメリクガメの甲羅のオブジェ。 製作費約60万円。 そのモデルになったよしはるくん。 近所の街中を散歩してい…

◆姫路市水族館

やって来ました、姫路市水族館。 入る前からカメさんがいっぱい。 屋根とか 床にも。期待が高まります。 【ケヅメリクガメ】 リク(♂)、推定20歳前後。体重42Kg。性格、温和。 人間っぽい目が印象的。 到着してすぐにエサやりタイムを見る事ができま…

◆天王寺動物園

天王寺動物園のカメさん達に会いに行ってきました。 爬虫類生態館「アイファー」の鬱蒼としたジャングルのようなエントランス。 最初に現れるのが「サイプレス・スワンプ」と呼ばれる 北米の温帯湿地を再現した展示。 木々が生い茂り倒木が横たわるこのスペ…

◆京都市動物園【番外編】

京都市動物園のカメさん以外の動物達をご紹介~♪ ミーアキャット こうして見ると確かにちょっと猫っぽい。 太ももの辺りがプニプニしてます。 そういえば、この子達の主なお仕事は「見張り」。 急にお仕事を思い出したようです。 でも、すぐにペタンとお座り…

◆京都市動物園【本編】

京都水族館に行った翌日、京都市動物園に足を運んでみました。 【カメ池】クサガメ、イシガメ 冬はここで冬眠したり、夏は砂場で産卵したりするそうです。 この日はお天気も良く、大半のカメさんは陸地で甲羅干しを楽しんでいました。 草むらに頭隠してたり……

◆京都水族館【番外編】

京都水族館にはカメさん以外にもたくさんの個性豊かな生き物達がいました。 【京の川ゾーン】オオサンショウウオ おばちゃま達が口々に「目ぇどこにあんのん?」等と話す中、 突然何かに向かって襲いかかるように動き出し、 水槽から飛び出しそうな勢いで何…

◆京都水族館【本編】

昨年オープンした京都水族館に行ってきました。 梅雨入りしたばかりとは思えない快晴で、湿度も低く絶好の水族館日和。 【京の川ゾーン】ニホンイシガメ リアルに再現された川辺でのんびり甲羅干ししていました。 【大水槽】アオウミガメ 水槽が広くて見つけ…

◆宮島水族館(みやじマリン)

去年リニューアルオープンした宮島水族館のカメさんに会うべく、 電車と連絡船を乗り継いで久々にやってきました日本三景、安芸の宮島。 到着すると早速、鹿ちゃんがお出迎え。 水族館への道すがら、表参道商店街で焼き牡蠣を食べたり、 カメグッズを探した…

◆サンシャイン水族館

リニューアル後、初のサンシャイン水族館に行ってきました。 今行くとどんな種類のカメさんが見れるのか、事前に電話でリサーチ! バックヤードにいたアカミミさんも先月中旬から展示再開との情報を得て いざ池袋へ! ミシシッピアカミミガメ 味のある表情で…

◆東京タワー水族館【番外編】

折角なのでカメさん以外の生き物にも登場して頂きました。 グリーンモレイ 東京タワー水族館の強面No.1 「ドドオオオォ〜ン」といきなり登場されると怯んでしまうほどのド迫力 最大25cm、30kgにもなる大型のウツボ。 ブラック・ピラニア こちら…

◆東京タワー水族館【カメ池編】

常設展示とは別に出口付近にカメさんがいるお池がありました。 この注意書きの通り残念ながら触れ合いはできません。 というか指入れたら、指が無くなりそうな気がします。 カメ池の全貌 滝を流れ落ちる水の音、BGMも和の趣でのどかな雰囲気。 和ガメの親…

◆東京タワー水族館【本編】

キラキラのオブジェがお出迎え 久々に来たけどやっぱり東京タワーってデザインが秀逸でカッコイイ! > キバラガメ さて、トップバッターはキバラガメさん。 同じキバラでもウチの子達は甲羅がこんもりしてリクガメのような弧を描いてるけど、 この子はスラッ…

◆野毛山動物園【番外編】

野毛山動物園、カメ以外の番外編 ワラビーのお食事タイム 左側のちびっこが右側の子が手に持っているエサを次々と横取りして 美味しそうに頬張っていました。 日本では野毛山動物園にしかいない絶滅危惧種のカグー。 最初ケージにいなくて「あれ?何もいない…

◆野毛山動物園

ヘサキリクガメ 絶滅危惧種。 密輸摘発で押収され野毛山動物園で飼育されている個体。 甲羅の模様と形状が綺麗です。 ホウシャガメ 写真の個体は2011年4月に孵化した赤ちゃん。 他の子がスヤスヤ眠る中、1頭だけムシャムシャとエサを頬張る元気な子。 …

◆上野動物園 クサガメvsイシガメの攻防

我が家でも日夜繰り広げられている甲羅干し中の良い場所取り争い。 ここ上野動物園両生爬虫類館でも… 自分のテリトリーらしき岩場で気持ち良く甲羅干ししていたクサガメさん。。。 と、そこに突如ニホンイシガメさん乱入。 踏まれたり 蹴られたり > もう散々…

◆体感型動物園「iZOO(イズー)」訪問記

アンディランド閉園から約4ヶ月、、、亀専門の亀族館から 爬虫類に特化した体感型動物園に衣替えしリニューアルオープンした 「iZOO(イズー)」に行こう!というわけで、今年2度目のスーパービュー踊り子号 最寄りの河津駅からタクシーで約5分。 無料往復…

◆さよならアンディランド

今夏、閉園直前に駆け込みセーフで行った「伊豆アンディランド亀族館」。かめレースで1等賞を獲得ッ!で、賞品で頂いたカメちゃん。 甲羅を押すと「プヒッ」と鳴きます。 > スミスセタカガメ 赤いほっぺがオカメインコっぽくてカワイイ。 インド、パキスタ…

◆【さいたま水族館】世界のカメ展

ケビ達の数年後の姿!? 卍ポーズでリラックスするギリシャリクガメさん クサガメ、ニホンイシガメが戯れるタッチングプール。 隣家はアメリカザリガニ。 カメグッズ その他、展示されていたカメさん達は、 トウブドロガメ、セイブニシキガメ、トウブニシキ…