読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメづくし

ノロマ?カワイイ?ユーモラス? 見れば見るほど面白い。知れば知るほどハマっていく。 キバラガメのケビタとケビジの日常を通して奥深いカメの生態を浮き彫りにし、その魅力を掘り下げるカメブログです。

◆体感型動物園「iZOO(イズー)」訪問記

アンディランド閉園から約4ヶ月、、、亀専門の亀族館から
爬虫類に特化した体感型動物園に衣替えしリニューアルオープンした
「iZOO(イズー)」に行こう!というわけで、今年2度目のスーパービュー踊り子
f:id:tarojiroko:20121219132219j:plain



最寄りの河津駅からタクシーで約5分。
無料往復シャトルバスも30分間隔で運行されています。
f:id:tarojiroko:20121219133100j:plain



エサやりコーナーで早速リクガメさんと触れ合い
小松菜をモリモリ食べてニッコリ満足げなアカアシガメ
f:id:tarojiroko:20121219140409j:plain


塀を乗り越え脱走して通路をお散歩中のカメさん。
館内に敷き詰められたウッドチップは脱走カメへの配慮でしょうか。
f:id:tarojiroko:20121219141313j:plain>


こちらは何やらご機嫌そうなカラグールガメ
f:id:tarojiroko:20121219141528j:plain


で、外のお池にやっぱりいましたアカミミさん達!
寒空の下、甲羅干ししてたけど冬眠しないで大丈夫なのかい?
f:id:tarojiroko:20121219141819j:plain


ヘルマンリクガメやギリシャリクガメの子供達(人間で言えば中学生くらい)に
エサやりも出来てゾウガメ牧場も健在。
一方、水棲ガメはホクベイカミツキガメワニガメセマルハコガメ等いたものの、
全体的な展示数は激減した印象を受けました。
アンディランド時代に展示されていたカメ達の安否をスタッフの方に尋ねたところ、
開園準備に追われていて展示が追いつかなかったけど、
バックヤードで飼育されていて、今後少しずつ展示していく予定との事。
ふぅ〜、それを聞いて一安心しました。

体感型動物園というだけあって、カメやヘビとの触れ合いはモチロン、
フトアゴヒゲトカゲやコアリクイが抱っこされてお散歩していたり楽しいイベントが盛りだくさん!
カメレースはカメさん達の冬眠明けの3月20日から開催されます。
iZOOは年末年始も休まず営業、年中無休の動物園です。