読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメづくし

ノロマ?カワイイ?ユーモラス? 見れば見るほど面白い。知れば知るほどハマっていく。 キバラガメのケビタとケビジの日常を通して奥深いカメの生態を浮き彫りにし、その魅力を掘り下げるカメブログです。

◆京都水族館【本編】

昨年オープンした京都水族館に行ってきました。

梅雨入りしたばかりとは思えない快晴で、湿度も低く絶好の水族館日和。

f:id:tarojiroko:20130531112645j:plain

 

【京の川ゾーン】ニホンイシガメ

リアルに再現された川辺でのんびり甲羅干ししていました。

f:id:tarojiroko:20130531150031j:plain

 

【大水槽】アオウミガメ

水槽が広くて見つけるのが大変。

スタッフの方曰く「60cmぐらいで小さいから見つけにくい。

裏側の岩陰で寝てる事も多いので」と。

目を凝らして探してみたけどなかなか見つからない。

「いないねぇ…」と諦めかけて立ち去ろうとした時、スーッと登場!

 

「呼んだ~!?」

f:id:tarojiroko:20130531141028j:plain

 

エイやナポレオンフィッシュの間をすり抜けて

顔を見せに来てくれました。

f:id:tarojiroko:20130531152253j:plain

 

「じゃあまたね~」

f:id:tarojiroko:20130531152248j:plain

 

【山紫水明ゾーン】ミナミイシガメ

京都市指定天然記念物のこのカメさんは、各自思い思いのスタイルで甲羅干し。

お尻を向けてる子や

f:id:tarojiroko:20130531141631j:plain

 

愛想の良い子

f:id:tarojiroko:20130531141637j:plain

 

仲良く甲羅干ししている子達

f:id:tarojiroko:20130531141505j:plain

ピッタリくっ付いて、ケビタとケビジみたいだね♡

f:id:tarojiroko:20130531141900j:plain

 

全体像

f:id:tarojiroko:20130531141759j:plain

 

【かいじゅうカフェ】カメパン

かいじゅうゾーンのカフェには「すいぞくパン」なる物が!

イルカ(白・ピンク)、カメ(プレーン、抹茶、ココア)、ゴマフアザラシ

オオサンショウウオ、クラゲ、カクレクマノミ、カニの全10種。

f:id:tarojiroko:20130531115656j:plain

ここはやっぱりカメ(抹茶)でしょう!

f:id:tarojiroko:20130531115504j:plain

甲羅の部分はクッキーみたいにサクサク。

f:id:tarojiroko:20130531131038j:plain

商品名は「カメロンパン」というらしいです。

f:id:tarojiroko:20130531115530j:plain

 

【京の里山ゾーン】

屋外に出ると眼下に広がるどこか懐かしい田園風景。

棚田があって水路にはメダカや小魚がたくさん泳いでいて、

カメさんはいないけどカメさんを放ったら喜びそう。

f:id:tarojiroko:20130531142333j:plain

f:id:tarojiroko:20130531144600j:plain

 

水族館を後にする前にもう1回カメさん達に会いに行きました。

ニホンイシガメさんはこちらをチラリと見て…

f:id:tarojiroko:20130531150040j:plain

 

「もう寝るからまたね~」

f:id:tarojiroko:20130531150132j:plain

 

京都水族館は入場料2,000円(大人)、年間パスポート4,000円。

2回分の入場料でパスポートが買えるとは!

京都駅から徒歩圏内だし、京都に住むなら絶対「買い」です♪