読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメづくし

ノロマ?カワイイ?ユーモラス? 見れば見るほど面白い。知れば知るほどハマっていく。 キバラガメのケビタとケビジの日常を通して奥深いカメの生態を浮き彫りにし、その魅力を掘り下げるカメブログです。

◆深夜、水槽から響き渡る物音

「ジャラッ、ジャラジャラッ」

昨晩、深夜にケビケビ水槽から聞こえる物音で目が覚めました。

「小石を掘ってるのかな?まさか、またヒル!?」

恐る恐る様子を見ると、ケビタがヒーターに甲羅をゴリゴリ擦りつけていて

下がツルツル滑るので踏ん張りがきかず小石を蹴散らしていました。

日中も時々こうしてゴリゴリやってるけど、夜中にやるのは初めてです。

f:id:tarojiroko:20130918204058j:plain

 

脱皮前で痒いのかムズムズする感じなのかよく分からないけど

どっちにしても眠れないほど気になるようで

ゴリゴリ、ジャラジャラと狂ったように掻き続けています。

歯が生え変わる前のムズ痒い状態みたいな感じなのかなぁ。

f:id:tarojiroko:20130918204125j:plain

 

とりあえず落ち着かせようと、ケビタを水槽から出してタオルで包んで膝に乗せ

甲羅を掻いたり撫でたりしてみました。

ケビジを起こさないよう豆球の薄明かりの中で30分ほどナデナデしていると

ふと我に返りゴソゴソと暴れ始め、水槽に戻すと何事も無かったかのように

落ち着きを取り戻してスヤスヤと眠りにつきました。

 

普段は水槽から出されるのも触られるのも嫌いで、抱っこなんてもっての外なのに

この時ばかりはウットリしたような表情でされるがままにジーッとしていました。

朝になって強制日光浴に連れだす時には、やっぱりいつも通りの暴れん坊に

戻っていて、嬉しいようなちょっと淋しいような。

因みにケビジはそんな事は一切お構い無しにクークークークー寝ていました。