読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメづくし

ノロマ?カワイイ?ユーモラス? 見れば見るほど面白い。知れば知るほどハマっていく。 キバラガメのケビタとケビジの日常を通して奥深いカメの生態を浮き彫りにし、その魅力を掘り下げるカメブログです。

◆東京タワー水族館【カメ池編】

水族館・動物園巡り

常設展示とは別に出口付近にカメさんがいるお池がありました。


この注意書きの通り残念ながら触れ合いはできません。
というか指入れたら、指が無くなりそうな気がします。
f:id:tarojiroko:20130214140842j:plain


カメ池の全貌
滝を流れ落ちる水の音、BGMも和の趣でのどかな雰囲気。
f:id:tarojiroko:20130214140915j:plain



和ガメの親分?
立派な甲羅で威風堂々とした雰囲気。存在感大。
f:id:tarojiroko:20130214141032j:plain



洋ガメのボスキャラ
何しろ顔がデカイ
ド迫力はあるものの体格(甲羅の大きさ)と雰囲気で、
和ガメの親分よりやや劣勢な感じ。
他のカメさん達を追いかけ回して甲羅を突っついたり噛んだりして
嫌がられていましたが、和ガメの親分のシマを侵略しようとして、
気迫で圧倒され引き下がっていました。
f:id:tarojiroko:20140829164042j:plain


シンクロ甲羅干し
何故カメさんって同じ方向を向いて甲羅干しするんでしょうか。
太陽光があるわけでも、バスキングライトがあるわけでもないのに…。
もしかして一番効率の良い干し方とかあって、話し合いながらやってるの?
和洋カメさん達でこんなシンクロ模様も繰り広げられ…
f:id:tarojiroko:20140829164100j:plain


シンクロ甲羅干しの観点において、和洋で境界線は無いようです。
f:id:tarojiroko:20140829164113j:plain



洋ガメのバトル
こちらは終始繰り広げられていた洋ガメ同士の小競り合い。

「コラ、止めろ!乗るなーッ!」

f:id:tarojiroko:20140829164127j:plain>


「うるさい!ワシが上じゃ!」

f:id:tarojiroko:20140829164145j:plain


「オレはエサが食いたいんだッ。

オイ、降りろッ!エエィッ!エエィッ!」

f:id:tarojiroko:20140829164206j:plain

「ジャッポン

残念ながら撮れませんでしたが、キバラさんが背負い落しを決め
アカミミさんがお池にドッボンしました。



「フゥ〜、やっと食べれるぜ。アイツいっつも

乗っかってきて頭くるんだよな

f:id:tarojiroko:20140829164217j:plain>


展示されているカメさんを見るだけでも十分楽しめますが、
このお池のカメ模様も見てて飽きない楽しいスポットでした。
カメさんにあげたエサは売店で販売している鯉のエサです。
一人ひとつまで。
少し持ち帰ってウチのカメさん達にあげてみたところ、意外と好評でした。