読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメづくし

ノロマ?カワイイ?ユーモラス? 見れば見るほど面白い。知れば知るほどハマっていく。 キバラガメのケビタとケビジの日常を通して奥深いカメの生態を浮き彫りにし、その魅力を掘り下げるカメブログです。

◆スマスイ再訪【水棲ガメ編】

【オオヨコクビガメ】

このカメは、孵化した時に母ガメと子ガメが鳴き交わして

コミュニケーションをとるんだそうです。どんな声で鳴くのかな~?

f:id:tarojiroko:20140427162634j:plain

 

 

正面から見るとブタバナが可愛いね♪

 

 

f:id:tarojiroko:20140427162643j:plain

 

【マタマタ】

上からしか撮れない上に館内が薄暗いので分かりづらいんだけど、

枯れ葉に擬態した頭や甲羅が何とも興味深いカメさんです。

擬態中なので殆ど動きはナシ。

f:id:tarojiroko:20140427163921j:plain

 

【ヒラリーカエルガメ】

f:id:tarojiroko:20140427164801j:plain

 

ワニガメ

f:id:tarojiroko:20140428131756j:plain

ミシシッピ・アカミミガメもそうですが、故郷アメリカでは乱獲等で

個体数が減っているそうな。

「じゃあアメリカに帰せば良いじゃないの」とも思うけれど

そうもいかないようで、じゃあ何故帰せないかと言うと、

一口にアメリカと言っても具体的にどの地域に住んでいたかも分からないし、

地域毎に独自の変化を遂げている事があるので

同じ種であっても簡単に帰せないそうなんです。

 

ミシシッピチズガメ】

f:id:tarojiroko:20140428142840j:plain

f:id:tarojiroko:20140428142959j:plain

 

【イシガメとクサガメ

甲羅にアルファベットと番号を書かれています。

f:id:tarojiroko:20140428143048j:plain

f:id:tarojiroko:20140428143146j:plain

f:id:tarojiroko:20140429102912j:plain

f:id:tarojiroko:20140429102906j:plain

 

こういう事だそうです。

f:id:tarojiroko:20140428143043j:plain

 

【ハナガメ】

スイスイ泳ぎまくるので写真を撮るのが大変です。

f:id:tarojiroko:20140429102552j:plain

 

「ちょっと待ってぇ」

f:id:tarojiroko:20140429102600j:plain

 

「や、やっと止まった・・・」

f:id:tarojiroko:20140428143238j:plain

 

 

 

プロレスラーのマスクみたいな顔です。

f:id:tarojiroko:20140429102841j:plain

 

スッポンモドキ

朝からウトウト。

f:id:tarojiroko:20140429102626j:plain

 

この子も半開きの目でボーッ。

f:id:tarojiroko:20140429102633j:plain

 

どこにでもいます、ひとりだけ元気な子。

f:id:tarojiroko:20140429102711j:plain

 

前回は出会えなかったカメさん達にもたくさん会えました。

でも、もしかしたらまだ出会えていない未知なるカメさんがいるかも!?