読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメづくし

ノロマ?カワイイ?ユーモラス? 見れば見るほど面白い。知れば知るほどハマっていく。 キバラガメのケビタとケビジの日常を通して奥深いカメの生態を浮き彫りにし、その魅力を掘り下げるカメブログです。

◆二度目の通院

ケビジが昨日からまたカメエサを食べなくなった。

すっかり落ち着きがなくなって干し干しもしなくなり、

陸地に上ったかと思ったら外を偵察してまたドボン・・・

f:id:tarojiroko:20150201071436j:plain

 

かと言って部屋で放牧してみても、前みたいにホリホリするわけでもなく

ひたすらウロウロ~、ウロウロ~。

f:id:tarojiroko:20150202130931j:plain

 

興奮状態なのは前と同じだけど、今回はホリホリする気配が無い。

何か異変が起こってるんじゃ・・・と不安になり病院に行ってみた。

エコーを撮ってもらったら、長さ3.6cmのお卵が!

卵殻もしっかりしていて、これはもう産んじゃうしかないそうな。

産卵誘発剤なる物もあるけど、自然に任せるの方が良いのでは?

という結論になり様子を見ることに。

 

病院までは車で15分弱だけど、終始大騒動の珍道中だった。

保冷バッグの中に2段ベッド式にタッパーを上下に重ね、

下の段にケビジを入れようとしたら、タッパーの淵にお手々とアンヨを掛け

踏ん張って入ろうとしない。

仕方なく下にケビタ、上にケビジを入れて素早くジッパーを閉め、

「さあ出発」と思った途端、ケビタが下の段から這い出して来た~!

f:id:tarojiroko:20150203105541j:plain

 

バッグに押し込んでなだめながらどうにか病院にたどり着き

待合室で「ふぅ~、やれやれ」とひと息ついてたら

今度は無理やり出ようとしたケビタがタッパーの隙間にハマって

仁王立ちしたまま身動き取れなくなっていたり・・・。

大きくなるにつれ移動も一筋縄ではいかなくなってきた。

 

ケビジちゃん、お疲れ様だったね。

f:id:tarojiroko:20150203120846j:plain

 

ケビタちゃんも付き添いお疲れ様~。

f:id:tarojiroko:20150203120902j:plain

 

普通、産卵前は1ヶ月くらい全く食べなくなるらしいけど、

今のところ、ケビジはエサは食べなくてもエビとパンはガツガツ食べてる。

水中でホリホリする仕草もしてるけど、実際お卵コロリンするまでには

まだまだ時間が掛かるのかなぁ。