読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメづくし

ノロマ?カワイイ?ユーモラス? 見れば見るほど面白い。知れば知るほどハマっていく。 キバラガメのケビタとケビジの日常を通して奥深いカメの生態を浮き彫りにし、その魅力を掘り下げるカメブログです。

◆乱入未遂事件

1週間前、ケビタが浮き島の上をウロウロしながら挙動不審な動きをしていた。

f:id:tarojiroko:20150626135808j:plain

f:id:tarojiroko:20150626135810j:plain

f:id:tarojiroko:20150626135855j:plain

f:id:tarojiroko:20150626135904j:plain

f:id:tarojiroko:20150626135909j:plain

 

そう言えば半年前にも首を伸ばして水槽の外を覗いたりしてたな・・・。

気になってその後もドアの隙間からチラ見してたら、

ありえない場所から顔を出してるのが見えて慌てて部屋に入ると、

触ったら火傷するほど高温の保温球のすぐ近くで

ケビジ水槽の方へ向けて水槽の枠を乗り越えようとして格闘してるところだった。 

そりゃもうビックリして「うわうわうわ!何やってんのー!?」と叱ったら

その剣幕にビックリしたのか、見た事ないくらい頭を低く屈めて

縮こまったまましばらく固まっていた。

よく見るとライトを取り付けてる板に無数の引っ掻き傷が。

やっぱりケビジ水槽に乱入しようとしてた!?

f:id:tarojiroko:20150626154938j:plain

 

おウチ(水槽)大好きッ子だから油断してたけど、

ケビタは体も大きいし手足も長いから、その気になれば枠を乗り越えてしまうかも。

こりゃまずい!早く何とかしなきゃ・・・

f:id:tarojiroko:20150627111826j:plain

 

ひとまず、ライトを取り付けてる板を土台から組み直し、

別の板に替えてライトの位置を高くして、

水槽と壁の隙間に発泡スチロールのクッション材を設置。

これでひとまず火傷と落下事故の心配は無くなった。

f:id:tarojiroko:20150627170232j:plain

 

あとは、水槽の境界線に脱走防止柵を設置するか、浮き島の位置を低くするか・・・

あれこれ思案していたけど、あれ以来ピタリと不審な動きはしなくなった。

う~ん、あれは一体何がしたかったのやら・・・

真相は「ケビタのみぞ知る」なのであった。