読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメづくし

ノロマ?カワイイ?ユーモラス? 見れば見るほど面白い。知れば知るほどハマっていく。 キバラガメのケビタとケビジの日常を通して奥深いカメの生態を浮き彫りにし、その魅力を掘り下げるカメブログです。

◆カルシウム補給

以前、スロープを齧っていたケビタの様子から

「カルシウムが足りないんじゃねーか?」とケビ父が。

「ハッ、なるほど・・・それはそうかも!」

スロープは白くて硬いから如何にもそれっぽいし、

カルシウム補給しようとしてても不思議じゃない。

ケビタもケビジもお卵の製造でカルシウムをたくさん消費しただろうしね。

ヨシ、今週はカルシウム強化週間としよう!

 

まずは久々のタートルボーンを差し出すと、ケビタはすぐにガブリ!

f:id:tarojiroko:20150901063344j:plain

 

珍しくケビジもすぐにガブリ!

f:id:tarojiroko:20150901063358j:plain

 

お次は、この前ケビタがコロリンしたお卵の殻。

「何か出てくる」と嗅ぎつけて列を成して大騒ぎするケビケビ。

f:id:tarojiroko:20150901160856j:plain

 

「ケビタ~、はい、ドーゾ!」

f:id:tarojiroko:20150901160921j:plain

 

「ケビジ~、ケビタの卵の殻だよ」

f:id:tarojiroko:20150901160947j:plain

 

「食べないならケビタにあげ・・・」

f:id:tarojiroko:20150901160949j:plain

 

ケビタ、出歯ガメみたいになってるよ。

f:id:tarojiroko:20150901161104j:plain

 

早くも2つ目にパクついた。

f:id:tarojiroko:20150901161121j:plain

 

と、その内、卵の殻をくわえたまま後ずさりしたり妙な動きをし始めた。

どうやら、卵の丸い形状ゆえ、飲み込もうとしても飲み込めず・・・

f:id:tarojiroko:20150901161311j:plain

 

その弾力ゆえ、噛み切れもせず・・・

f:id:tarojiroko:20150901161315j:plain

 

にっちもさっちも行かなくなったらしい。

f:id:tarojiroko:20150901161317j:plain

 

こうして、しばらく卵の殻と格闘していたケビタであった。