読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメづくし

ノロマ?カワイイ?ユーモラス? 見れば見るほど面白い。知れば知るほどハマっていく。 キバラガメのケビタとケビジの日常を通して奥深いカメの生態を浮き彫りにし、その魅力を掘り下げるカメブログです。

◆まさかまさかの・・・

ケビタはいつもの事だけど、最近はケビジの食欲も凄まじくて

濾過機の吸込み口に付いた食べカスを漁ってみたり・・・

f:id:tarojiroko:20150924112334j:plain

 

ぶくぶくの中を漁ろうとしたり・・・

f:id:tarojiroko:20150924112931j:plain

 

シリコンを齧ってみたりしてる。f:id:tarojiroko:20150924113002j:plain

 

sammbardaikuさんとこのカメちゃんもエサを普段の倍食べるって言うし、

冬眠前にできるだけ栄養を蓄えとこう作戦かな?いや、冬眠しないけどさ。

でも、食欲があって、出すモンも出して、干し干しもするって事は健康の証だから

「ま、いっか」と思ってたら、一昨日からパッタリ甲羅干しをしなくなっちゃった。

そういえば、水換え中も待合室で大暴れしてるし、

これって、もしかして・・・・・・

 

「タマゴ・・・作ったね?」

f:id:tarojiroko:20150924135708j:plain


こっちが「エエッ!」だよっ。

ここ数日はたまたま夏日だけど、ホントはもうすっかり秋なんだよ!?

と言っててもしょうがないから、とりあえずお外に連れ出してみる。

いつもホリホリしてるマンションの中庭には二羽ニワトリが・・・じゃなくて、

中庭には飽きたっぽいから、今回は近所の公園に行ってみる事に。

出発前、バッグの中で大暴れしてるケビジと、

動くバッグを見て恐怖のあまり固まるブンブン。

f:id:tarojiroko:20150928085056j:plain

 

「もしもし、腰が引けてますよっ!?」

f:id:tarojiroko:20150928085108j:plain

f:id:tarojiroko:20150928085137j:plain

 

公園までの道中もやる気満々でバッグから這い出してくる。

f:id:tarojiroko:20150928085352j:plain

 

「危ないからちょっと大人しく入っててよ、すぐそこだからっ!」

f:id:tarojiroko:20150928085353j:plain

 

公園到着!初めての場所に固まるケビジ。

この時、頭の中のケビコンがチャカチャカとフル回転して空間認識してたのかもね。

f:id:tarojiroko:20150928085828j:plain

 

突然、我が物顔で歩き始めたかと思ったら、ベンチの下をくぐって戻って来たり。

f:id:tarojiroko:20150928085946j:plain

 

程なくして、大きな木の陰でホリホリ体勢に。

f:id:tarojiroko:20150928091151j:plain

 

穴掘り中もひっきりなしに見物人がやって来て、

質問に答えてる内にあっという間に5個のおタマゴをコロリンした。

亀バカ社長さんの気持ちがよく分かるわ・・・。

f:id:tarojiroko:20150928094740j:plain

 

埋め埋めしつつも、ゼンマイ仕掛けのカメロボットみたいな

妙チクリンな動きで徐々にその場を離れるケビジ。

f:id:tarojiroko:20150928103533j:plain

 

ご褒美の特大エビを食べながらひとっ風呂。

f:id:tarojiroko:20150928105017j:plain


ケビジが穴掘りしてる最中、入れ替わり立ち替わり見物客が現れ、

課外授業で来てた小学生達も「カメがおる!」と興味津津。

ホリホリが一段落して「さあ、これから」って時に「10分休憩~!」と先生の声が!

「こりゃヤバい・・・」

案の定、子供らが奇声を発しながら一斉に駆け寄って来た!

どうなる事かと思ったけど、「卵産むから静かに見てあげてね」と言うと

みんな急にヒソヒソ声になって静かに見守りながらも

産む瞬間は「がんばれーがんばれー」と声を掛けてくれた。

見物された人達は、みなさん口々に「良いモン見せてもらったわぁ~」

と嬉しそうに帰って行かれたので、それを見てこっちも嬉しくなった。

そんなこんなでいつもとちょっと違った雰囲気で、

今年通算4回目の産卵を無事に終えたケビジなのだった。