読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメづくし

ノロマ?カワイイ?ユーモラス? 見れば見るほど面白い。知れば知るほどハマっていく。 キバラガメのケビタとケビジの日常を通して奥深いカメの生態を浮き彫りにし、その魅力を掘り下げるカメブログです。

◆異種間交流

ある日のお昼過ぎ、お散歩に行こうとしたらケビタは自主干し中、

ケビジは水中でウトウトお昼寝していた。どっちもどっちで快適そう・・・

かわいそうだから止めようかと思ったけど、ケビジだけでも連れて行く事に。

 

寝てるとこを起こされてご立腹のケビジちゃん。

f:id:tarojiroko:20160527140912j:plain

 

「ケビタ~、ちょっと行ってくるね」

f:id:tarojiroko:20160527140924j:plain

 

無理やり起こされて不機嫌だった割には意外とノリノリのケビジ。

キャリーに入るや否や身を乗り出して暴れるけど、

景色が見えるとちょっと落ち着くらしい。

f:id:tarojiroko:20160527141249j:plain

 

大人しく信号待ちしておられる。

f:id:tarojiroko:20160527141318j:plain

 

「到着~!さて、今日は何しようかね?」

f:id:tarojiroko:20160527141649j:plain

 

ウロウロ歩いてる内に鳩ポッポに遭遇。

例によってケビジは全く気にしないけど、鳩さんは不思議そうにガン見。

f:id:tarojiroko:20160527142147j:plain

 

固まってる。

f:id:tarojiroko:20160527142152j:plain

 

恐る恐る通り過ぎた後も何度も振り返る鳩さん。

f:id:tarojiroko:20160527142203j:plain

 

この後、超音波を発する子供達がやって来て、

取り囲まれるわ、追いかけられるわ、行く手を塞がれるわ・・・

ケビジが踏んづけられそうでお散歩どころじゃなくなったのでやむなく帰宅。

 

「ケビタ、ただいま~」

f:id:tarojiroko:20160527145220j:plain

 

公園ではお散歩中のワンコにも出会ったりするけど、

ケビケビが体格差のある生き物にも全く動じないのは

やっぱり甲羅という防衛手段があるからかな?

初めての場所でも物怖じしないし、未知の生き物に出会っても無関心。

臆病な生き物という割に、お散歩中は妙に大胆不敵になるケビケビなのだった。