読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメづくし

ノロマ?カワイイ?ユーモラス? 見れば見るほど面白い。知れば知るほどハマっていく。 キバラガメのケビタとケビジの日常を通して奥深いカメの生態を浮き彫りにし、その魅力を掘り下げるカメブログです。

◆カメの罪悪感

生態

干し干しに励んでるケビケビの様子を見に行ってみると、

ケビタと違って普段いたずらなんて滅多にしないケビジが

陸地に敷いてある緑のフサフサをかじったり引っ張ったりして遊んでた。

珍しい事もあるもんだと思ってカメラ片手に近づいたら、

それに気付いたケビジが驚いたのなんの!

血相変えて「ズザザザーッ!」と凄い勢いで隅っこに逃げて行った。

もしもケビジに声帯があったら「ヒィ~~~~~ッ!」って叫んでたと思う。

f:id:tarojiroko:20160924083025j:plain

 

「ケビジちゃん、何してたん?」

f:id:tarojiroko:20160924083027j:plain

 

「ケビジちゃんもいたずらする事があるんだねぇ」

f:id:tarojiroko:20160924083032j:plain

 

「あ!まさか食べようとして・・・」

f:id:tarojiroko:20160924083035j:plain

 

・・・キラキラビーム攻撃で誤魔化された。

あの慌てっぷりからすると相当気を抜いてたっぽい。

私が見てないところでは結構やってたりするのかもしれないけど、

何故か見てる時にはやらないのよね。

いたずら常習犯で暴れん坊のケビタでさえその辺はわきまえてるから不思議。

f:id:tarojiroko:20160924083041j:plain

 

いたずらする時は何かしら後ろめたさも感じてるっぽいケビケビなのだった。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ ワビ助 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

昨日は街路樹の剪定作業をしていたせいか、警戒しつつ登場。

ワビ助の居住エリアにも伐採された木の枝が積み上げられていた。

f:id:tarojiroko:20160927102033j:plain

 

大丈夫と分かってからは、安心してパクパク。

f:id:tarojiroko:20160927101901j:plain

 

パクパクパクパク・・・。

f:id:tarojiroko:20160927101902j:plain