カメづくし

ノロマ?カワイイ?ユーモラス? 見れば見るほど面白い。知れば知るほどハマっていく。 キバラガメのケビタとケビジの日常を通して奥深いカメの生態を浮き彫りにし、その魅力を掘り下げるカメブログです。

◆便通の変化

この頃やけにお通じが良さそうなケビタちゃん。

以前はたま~にウンチの欠片を見掛けることはあっても

本体は何週間も見掛けないこともザラで

抱卵してる時以外は滅多に水が汚れることもなかった。

一般的にはオトナになったら収まると言われてる糞食癖も相変わらずだから

目にも留まらぬ速さで片付けてる説も否定はできないけど、

あまりにも長期間形跡すらないから心配で消化促進剤を買ってみたりもしたほど。

それが近頃じゃコンスタントに欠片を見掛ける機会も増えてきて、

それがまた、するとなったら立て続けにするみたいで

水換えが終わった途端にまた水換えなんてことも。

f:id:tarojiroko:20200210153410j:plain

 

一方、前回の水換えから3日経っても何故だか綺麗なままのケビジ水槽。

f:id:tarojiroko:20200210153509j:plain

 

何故ならば、快眠快便のケビジは判で押したように毎朝決まった時間に排便するから

すぐに撤去できるおかげで水は殆ど汚れないから。水質的にどうかは別だけど。

 

「さて、ケビタちゃん、水も抜けたしそろそろ待合室に行こうかね?」

f:id:tarojiroko:20200210153424j:plain

 

水槽内を歩いて逃げていく図。

f:id:tarojiroko:20200210153433j:plain

 

「ケビジに助けを求めてもダメだから」

f:id:tarojiroko:20200210153444j:plain

 

ケビタの便通が良くなったのは、この冬はプチ冬眠することもなく

ヒーターでぬくぬく過ごしてるからだと思う。他に要因があるとしたら、

恐らく4ヶ月くらい前に食べ尽されたカメプロスプレミアムに代わって

定番メニューに加えたこのフードの影響かも。

f:id:tarojiroko:20190926100107j:plain

 

便秘がちなのは体質的なものかと思ってたけど、

環境を改善すれば変化するもんなんだなぁ。

これをきっかけに長年の便秘体質解消なる、かな!?

 

 

◆騒音問題

先週、マンションの上の階で改装工事が始まったようで、

真上でもないのに1日中「ウィ~~~~ン!」だの「カン!カン!カン!カン!」だの

結構な騒音で仕事してても気になってしょうがない。

この冬はプチ冬眠もしないから午前中は大体いつも陸地で干し干ししながら

マッタリ過ごしてるケビケビだけど、ケビジはこの騒音でどうにも落ち着かない。

干し干ししてても工事の音が聞こえるとすぐ降りちゃうし、

静かになって浮き島に上がろうとしてもまた音がし始めると止めてしまう。

 

「ケビジちゃん、干し干し止めたの?」

f:id:tarojiroko:20200201201133j:plain

 

「うるさいけど大丈夫だから干し干ししてごらん」

f:id:tarojiroko:20200201201117j:plain

 

やれやれ、ケビジはちょっと神経質なところがあるからなぁ。

「ところでケビタはどうしてるかな?」とお隣を見やると普通に干し干しに興じてる。

f:id:tarojiroko:20200201201108j:plain

 

「あら、ケビタは平気なの?」

f:id:tarojiroko:20200201201056j:plain

 

昔は掃除機を掛けただけで「ワシャワシャワシャ~~~~~ッ!」と

血相変えてダイブしてたのがウソみたいにどっしりしてるケビタなのだった。

 

 

◆ワビ&ガブ◆

最近、陽射しがあって風が無いと日中は温かい日もあったりする。

一昨日「もしかしてワビ・ガブに会えるかも?」と思って様子を見に行ってみたけど、

どっちも姿が見えなかった。でも、ちゃんと冬眠できてるってことだから、

ちょっとホッとしたような、でもやっぱり寂しいような。

 

◆吟味するカメ

いつもネットでまとめ買いしてるケビケビのフードや濾材が届いたので

梱包を解いて商品をひとつずつ取り出して棚に入れていたら、

ケビタが寄ってきてイチイチ食い入るように見つめてた。

 

「残念ながら食べ物じゃないよ」

f:id:tarojiroko:20200123131646j:plain

 

ケビジにも見せてみると何故か怖がってバック泳ぎで奥に引っ込んじゃった。

f:id:tarojiroko:20200123131701j:plain

 

「これはキミたちが大好きなやつだね」

f:id:tarojiroko:20200123131734j:plain

 

パンのパッケージは完璧に覚えてると思われる。

f:id:tarojiroko:20200123131759j:plain

 

ケビジは穴が開きそうなくらい凝視。

f:id:tarojiroko:20200123131820j:plain

 

で、今回注文した品々の目玉はコレ。

尿酸事件以来、エビはあまりあげないようにしてたもんだから

開封したまま日にちが経ってしまったので、おニューの川エビを購入。

ケビケビの大好物だし、たまにちょっとあげるくらいなら良かろう。

f:id:tarojiroko:20200124113241j:plain

 

中身はこんな感じ。このままガサッと指を入れると

まず間違いなく脚やら尻尾が刺さって痛い思いをするので要注意!

f:id:tarojiroko:20200124113228j:plain

 

「ケビタちゃ~ん、コレ、な~んだ?」
f:id:tarojiroko:20200123131906j:plain

 

初めて見るパッケージなのに野生の勘で美味しいものだと分かってるところが

恐るべし。早速、浮き島の上に置いてみたものの、久々過ぎ且つエビが小さ過ぎて

なかなか見つけられずムッとするケビタ。

f:id:tarojiroko:20200123132056j:plain

 

同、ケビジ。

f:id:tarojiroko:20200123132104j:plain

 

狂喜乱舞しながら久々のエビ(たった3匹だけど)を堪能したケビケビなのだった。

◆水槽の買い換え時

去年の年末、ケビジ用の新しい水槽をセッティングし終わって

一息ついたところでふと思い出した。

 

「あ、まだやることあるんだった!」

 

その日のお昼前にケビケビの様子を見に行った時のこと。

ケビジが浮き島の穴にハマって落ちそうになってるじゃあ~りませんか!

転落防止用に設置してるネットが、紫外線灯の影響か経年劣化なのか

ところどころ折れてきてるのに気付いてはいたんだけど、

新しくしようにも同じものが手に入らなくてそのままになっちゃってたのが

いつの間にか亀裂が大きくなってケビジがハマってしまった模様。

 

「ごめんごめん!すぐ直すから上がっておいで!」

f:id:tarojiroko:20200107145414j:plain

 

「う・・・?」

f:id:tarojiroko:20200107145425j:plain

 

とりあえず手持ちの材料で補強した裏面。

f:id:tarojiroko:20200107145544j:plain

 

表面。これでしばらくは大丈夫かな。

f:id:tarojiroko:20200115100443j:plain


因みに、新調したケビジ水槽は流石にシリコン部分も底面もまだピッカピカ!

一方、シリコンは苔付き放題だし、底面も細かい傷でくすんでるケビタ水槽が

不憫な気がしなくもない。

ケビタ水槽を買ったのは確か2013年だからもう7年か。

大型水槽の買い換え時がよく分からないけど、そろそろ買い換えた方が良いのかなぁ?

でも、まだ使えるし、う~ん・・・・・・

f:id:tarojiroko:20200108161210j:plain

 

「ねーねー、ケビタちゃんは新居欲しい?シ・ン・キ・ョ」

f:id:tarojiroko:20200116152604j:plain

 

「いや、食えんよ」

f:id:tarojiroko:20200116152557j:plain

 

あっ、そう。

◆予期せぬ出来事

それは去年のクリスマスの朝のこと。

いつものようにケビジに「おはよう」と声を掛け

ふと水槽に目をやると、何だか底面が白っぽく変色してる。

昨日の夜にはこんなのなかったのに・・・

 

「何だ?これ」

f:id:tarojiroko:20200107145315j:plain

 

しかも、始めは半分ほどの面積だった白い縞々は

みるみるうちにその範囲が広がって水槽の底全体を占めるほどに。

f:id:tarojiroko:20200107145349j:plain

 

見たところ水槽に目立ったひび割れや水漏れはなさそうだけど、

これはどう考えても底面のガラスの下が浸水してるとしか思えない。

「そのうち水が漏れだしたら・・・」と思うと気が気じゃなくて

外出もままならないし、仕事をしていても気になって仕方ない。

この状況、看過して良いものかどうか判断できるのはやっぱり製造者?

ダメもとでメーカーにメールで問い合わせてみたらこのような回答が↓

 

・経年などにより水槽と底面枠の間に水が溜まった可能性がある

・溜まった水を抜くことはできない

・(程度にもよるが)基本的には使用上、問題ないものと考える

 

今思えば基本的に問題ないなら「使い続ける」という選択肢もあったわけだけど、

浸水の恐怖に耐えきれなかった私はこの回答をもらう前に

早々に新しい水槽を発注してしまっていたのだった。

そして、新水槽到着。水槽入れ替えという大仕事が終わってご対面したケビケビ。

 

「ん?ケビタ、どうした?」

f:id:tarojiroko:20200107145514j:plain

 

「なんか怒ってる?ケビジの水槽だけ新しくなったから???」

f:id:tarojiroko:20200107145607j:plain

 

ハラヘッタだけだった。

◆カメの視力②

カメって一般的にはあまり視力が良くないと思われているけど、

実際に一緒に暮らしていると、その情報は疑わしく思えてくる。

おやつのパッケージは決して見逃さないし、

より味が濃いであろう赤い色のフードを選んで食べてみたり、

つぶらな瞳の割には色んなものが結構よく見えてるっぽい。

人間は赤・緑・青の3原色までしか識別できないのに、

爬虫類や鳥類は3原色に加えて紫外線も見分けることができるって言うし。

ほえ~、透明な紫外線が見えるとは、カメって凄いんだねぇ!

 

「ホントに見えてるのかな?」

f:id:tarojiroko:20191211123726j:plain

 

試しに、お昼を過ぎても延々と甲羅干ししてるケビタ水槽の紫外線ライトを・・・

f:id:tarojiroko:20191211123733j:plain

 

パチッと切ってみる。

f:id:tarojiroko:20191211140257j:plain

 

その後、様子を見に行くと早々と降りて水中でウ~ロウロ。

f:id:tarojiroko:20191211141252j:plain

 

何度か試してみた結果、ケビタもケビジも同じ反応だった。

偶然か?はたまた「紫外線、消えちゃった」と確認しての行動か?

真実はケビケビのみぞ知る、なのだった。