カメづくし

ノロマ?カワイイ?ユーモラス? 見れば見るほど面白い。知れば知るほどハマっていく。 キバラガメのケビタとケビジの日常を通して奥深いカメの生態を浮き彫りにし、その魅力を掘り下げるカメブログです。

生態

◆爪チョッキンの刑

ふと気付けばいつの間にか季節は真夏、なのに甲羅干し用の保温球は冬用のまま 取り替えるのを忘れてて、7月も半ばになってようやく夏用に取り替えて ついでに冷却用ファンも取り付けて夏仕様に衣替えしたケビケビ水槽。 産卵付き添いのドタバタですっかり忘…

◆春の天変地異

この頃やっと日光浴日和の気候になってきたもんで、お昼過ぎから陽が陰って 強制帰宅させられるまで延々とベランダで干し干ししてるケビタ。 10分と経たない内に帰ってきちゃうケビジを尻目に、 干し過ぎて粉を吹いたようにお顔がマッチロになっても帰ろうと…

◆愛亀に手を噛まれるの巻

それは1週間前の夕方。 ケビタが水温系のセンサーを固定するキスゴムを外してしまい 水底に沈んだキスゴムを回収すべくスポイトで手繰り寄せようとしていた時、 フィルターの水流でフワフワと漂うキスゴムにすっかり気を取られていたら 突然、左手の小指に激…

◆季節感の違い過ぎるカメ達

お外で暮らすカメさん達が仮死状態で寒さに耐えながら 命懸けで越冬しようとしているであろう今日この頃。 暖房と保温球と水中ヒーターでぬくぬく生活をしてるケビケビ。 なのに、このところの寒さゆえか何となく食欲が落ち気味なケビジちゃん。 朝ゴハンの…

◆カメ格豹変

このところ朝晩は冷え込むけど昼間は暑くて1日の気温差が激し過ぎるせいか、 (←加齢のせいとは間違っても言わない)目眩と吐き気でダウンしてしまった。 ケビケビのゴハンと水換えだけはどうにかやってたけど、 早朝バイトも在宅バイトも全て休んで三日三晩…

◆昼夜行性カメ

本来、動物というものは夜行性の生き物以外は本能的に 辺りが暗くなれば眠り、明るくなれば目覚めるはず。 ケビケビは昼行性なので夜になれば寝るはず、なんだけど 夜中にコソッと覗いてみるとケビタは昼間と同じようにいそいそと活動中。 ケビジはカメらし…

◆カメの視力②

カメって一般的にはあまり視力が良くないと思われているけど、 実際に一緒に暮らしていると、その情報は疑わしく思えてくる。 おやつのパッケージは決して見逃さないし、 より味が濃いであろう赤い色のフードを選んで食べてみたり、 つぶらな瞳の割には色ん…

◆夜干しブーム

東京から広島の実家に戻って早や7年。 毎年、夏になると別荘を作ってはケビケビを無理やり放り込み、 不評を買ってまた翌年作り直しては放り込み・・・を繰り返していた。 安全面を考慮して閉鎖された空間に閉じ込めていたけど、 その発想を捨て野放しにし…

◆絶賛脱皮中

断食期間が目前のケビケビ水槽、現在の水温設定は18℃。 ゴハンは配合フード8粒とパン等のおやつ少々。 この頃は外は寒くてベランダ日光浴も出来ないし、室内散策もさせてないから、 ゴハンが終わったらもうあとは「干すしかない」って感じ。 朝からオチリを…

◆幻の寝顔

お外で暮らすカメさん達が冬眠入りして寒さや空腹と闘ってるこの時季、 相変わらずヒーターでぬくぬくライフを過ごしてるケビケビ。 午前中は干し干し、午後は水中で食べ物探しに余念が無くて、 朝は朝で私より早起きなもんで寝顔を見る機会なんて滅多にない…

◆ズル剥け期

最近はちょくちょくベランダで日光浴してるせいか ケビタもケビジも甲羅の脱皮がハンパない。 この前なんて水換えの時にケビタを片手で掴んで水槽から出そうとした瞬間、 背中側の甲羅が「ズルッ」と剥けちゃって、 あの厚みのあるズッシリボディは手から「…

◆カメとネコ

秋の長雨で天気のよくない日が続く中、久々の快晴だったこの日、 ベランダ日光浴から帰ってくるケビケビを出迎えたのはネコのブンタくん。 実際は出迎えたんじゃなくて偶然そこに居ただけ。 普段はケビケビと直接触れ合う機会が殆どないブンタくん、 恐れを…

◆水換え待ち時間

水槽の水換え中、待合室のプラケースで暴れてる内に バランスを崩して引っくり返ったケビジ。 「やけに静かになったな」と思ったら大体いつも引っくり返ってる。 こうなると何故か自力では起き上がろうとせず、 救助の手が差し伸べられるのを待っている風。 …

◆特殊能力

朝から延々と陸地で干し干ししてるケビジ。 降りたり上がったりしてクールダウンしてるような素振りも無いし、 夕方になっても全然降りる気配が無い。 そんなにず~っと干してばかりいたらカメの一夜干しになっちゃう。 「干からびちゃうからそろそろ降りて…

◆ナゾすぎる目覚め

夜、寝る前に必ずケビケビの様子を見るのが毎晩の日課。 ケビジは部屋が暗くなると寝て、明るくなると起きるという 実に分かりやすいサイクルで生活してるんだけど、 ケビタの場合は夜中でも寝ないでウロウロ動き回ってるし 寝てたとしても部屋が明るくなる…

◆恐怖の・・・

ある昼下がり、甲羅干しにも飽きて「何か寄こせ~っ!」と騒ぎ出すケビケビ。 いつも朝からフード70粒とパン1個ずつとエビ数匹食べてるのに まだ食べ足りないみたいで延々と「チョーダイ」アピールをしてる。 3時のおやつにはちょっと早いけど、 「お腹…

◆強制終了

最近、やけに熱心に干し干しするようになったケビタ。 水換えを始めても全然止める気配が無くて、仕方ないからそのまま排水を始めたら 水位が下がってカバーが外れた弾みで浮き島から落ちてしまった。 それでもなお、島にしがみ付いて離れようとしない。 「…

◆破壊王

最近は日中こそ気温が上がって暑い日もあるけど、 朝晩は比較的涼しくて・・・と言うか寒い時もあったりする。 ケビタ水槽用のヒーターは壊れてしまったみたいで 動作ランプが点灯しなくなったから撤去、 ケビジ水槽用のは撤去はしてないけど電源はオフにし…

◆要注意亀物

夜中にケビケビの様子を見に行ってみると、ケビタがゴソゴソ動き出して 隣のケビジ水槽を覗き込んで暴れ始めた。 「あの~、もしもし?」 「ケビタちゃん?」 「それ、食いモンじゃなくてケビジだからね」 吸盤が外れてたり、センサーが引っ張り出されてたり…

◆キバラスッポンガメ

水換えをするためにポンプで水槽の水を抜いてた時のこと。 固定用吸盤のポッチに食い付いて離れないスッポン・ケビタ。 まぁ、そのうち諦めて離すだろうと思ってたんだけど・・・ ・・・・・・。 ガラス越しにパンをチラチラ見せてみても、水中に沈めてみて…

◆夜干しブーム到来

最近、夜干しブームが来てるケビジ。 ライトが消えて真っ暗な中でも構わず干し干し。 体が冷え切ってしまって風邪でもひいたら大変だから強制的に止めさせるんだけど、 朝は朝でライトを点ける前から干し干ししてる。 干し魔の本領発揮だな。 被害を被るのは…

◆冬眠の顛末

二日連続で黄色っぽい排泄物を出した ケビジ。 その後、三日ほど様子を見たけど排泄物は出さなくなって、特に変わった様子も無い。 それどころか、何だか分からないけど前よりアクティブになってるような~・・・ まるで冬眠してるかのように動きが無いケビ…

◆まさかの自主冬眠!?

ゴハン抜き生活も一ヶ月を過ぎたケビケビ。 「こんな生活が一体いつまで続くのか!?」と不満をぶつけ合っているのか、 顔を突き合わせて何やら交信中。 「あら、何の内緒話デスカ?」 寝る時も仲良く同じような体勢で。 水温計を見てるだけだと実感が湧かな…

◆眠らぬカメ

午後3時を過ぎて夕方近くになると、早々とおネムモードになるケビジ。 その後ろで何やら騒いでいるケビタ。 夜は夜でゴソゴソ動き回ってるけど、朝も朝で5時に様子を見に行っても 既にバッチリ目覚めて活動中。 甲羅干し中も絶えず動きまくり。 そしてまた…

◆野次亀精神

初冬眠に向けた準備の一環で9月からゴハン増量中のケビケビ。 食べるものが増えれば必然的に出るものも増えるわけで、 この頃は水槽内にウンチを発見してはスポイトでシュポシュポシュポシュポと 片づけに追われる日々。片づけやすい場所なら良いんだけど、…

◆寝起きの日課

夜、カメ部屋の電気を点けると寝ぼけた顔でゴソゴソ動き出すケビケビ。 暗くなるとすぐ寝るし、明るくなるとすぐ起きる。 カメの体内時計は「暗い=夜」「明るい=朝」くらいしか無いんだろか? お昼になるとおやつを催促し始める辺り かなり正確な腹時計が…

◆産卵が止まらない

前回の産卵から1ヶ月弱。産卵で消費した栄養分を取り戻すかのように 食っちゃ寝、干しちゃ寝で快適そうに過ごしていたケビジだけど、 ある日、外出して帰ってみると、濾過機に甲羅を押し付けてゴリゴリゴリゴリ・・・ 取り戻した栄養分でまたまたタマゴを作…

◆伝染るんです

ある日のお昼過ぎ。ケビジが空を見つめて何やら思案顔をしていた。 と、次の瞬間、何も無い空間に向かって口を開けて「パクッ!」 これってケビタの十八番のエアーパクパクじゃん・・・ とうとうケビジもマネしてやり始めたかぁ。 よく見ると奥の方でケビタ…

◆ナゾの行動②

ガラス越しに水槽を覗きこむとすぐに寄って来て「ガツン!ガツン!」と 私の髪の毛や鼻に噛み付こうとするケビタ。 ところがどういうわけか最近は夜、様子を見に行くと「コワイ!コワイ!」って感じで 頭を引っ込めて水槽の奥の方へ逃げてしまう。 でも、そ…

◆カメの罪悪感

干し干しに励んでるケビケビの様子を見に行ってみると、 ケビタと違って普段いたずらなんて滅多にしないケビジが 陸地に敷いてある緑のフサフサをかじったり引っ張ったりして遊んでた。 珍しい事もあるもんだと思ってカメラ片手に近づいたら、 それに気付い…