カメづくし

ノロマ?カワイイ?ユーモラス? 見れば見るほど面白い。知れば知るほどハマっていく。 キバラガメのケビタとケビジの日常を通して奥深いカメの生態を浮き彫りにし、その魅力を掘り下げるカメブログです。

◆道草好きなカメ

今年3回目の産卵にチャレンジ中のケビジ。

木の根元は太い根っこがあったりしてホリホリには向いてないと思うんだけど、

ケビタもケビジもホントこういう場所がお好き♡

 

「ホントにここで良いのかい?」

f:id:tarojiroko:20200524124404j:plain

 

幸い大きな木の根元の割には太い根っこも無くて、今回は案外すんなり産卵完了。

f:id:tarojiroko:20200524140018j:plain

 

2日後、今度はケビタの番。動物型遊具にカメが仲間入りする図。

f:id:tarojiroko:20200527133506j:plain


時々、産む産む詐欺になっちゃうケビタ。

公園に来ても急に甲羅干しモードになっちゃったり、花を食べたりして

本題に入る前の道草を食ってる時間が長い。この日は文字通り草を食ってた。

f:id:tarojiroko:20200527135508j:plain

 

「動かぬ証拠がお口にぶら下がってますケド」

f:id:tarojiroko:20200527135640j:plain

 

草を没収したら今度はスッと伸びるアンヨ。これはひょっとして・・・

f:id:tarojiroko:20200527211330j:plain

 

干し干しモード突入。やっぱりね。

f:id:tarojiroko:20200527142147j:plain

 

陽射しが心地良くて思わず脚ピョンしてしまう気持ちは分かるけど、

本題を忘れてもらったら困っちゃう。

「タマゴはどーした?タ・マ・ゴッ!」って声を掛けたら

「あぁっ、そーだった!」と再び歩き出したものの産卵には至らず、

翌日また公園にやって来たケビタ。でもやっぱり散歩と干し干しで終了。

f:id:tarojiroko:20200528100023j:plain

 

午後の部ではやっとこさ立派な穴を掘ったけど、太い根っこに阻まれて途中で挫折。

諦めずもう1回チャレンジして産卵寸前まで漕ぎ着けたものの

やっぱり根っこがあってまたまた挫折。

疲れ果てて打たせ湯に浸かる図。

f:id:tarojiroko:20200528155523j:plain

 

そのまた翌日。この日は1回目で順調にホリホリして無事産卵完了し、

埋め埋めに励むケビタさん。

 

「もうそろそろ良いんじゃない?」

f:id:tarojiroko:20200529111019j:plain

 

メチャメチャ疲れとる。

f:id:tarojiroko:20200529111027j:plain

 

頑張った勲章。6個。

f:id:tarojiroko:20200529113749j:plain


こうして今年も本格的な産卵シーズンに入って改めて思った。


「今まで一体何個のタマゴを産んだんだろう」

スケジュール帳をめくって去年までの通算産卵数をカウントしてみたら

なんとケビジが203個、ケビタが157個だった。

ケビケビ、恐るべし。

 

 

◆律義なカメ達

今年初の産卵から2週間。

早くも2回目の産卵に臨むべく公園にやって来たケビジ。

水槽にいたらいたで「タマゴ出るー!出るー!」って騒ぐから

慌てて公園に連れて来たものの、来たら来たですぐにはホリホリせず

延々と歩き回っていたり、ボーッとしてみたり、アリの巣を覗いてみたり。

f:id:tarojiroko:20200511203908j:plain

 

大体いつも1時間ほど様子を見て、産みそうな気配が無ければ

一旦切り上げて帰宅することにしてるんだけど、

帰ったら帰ったでまた「タマゴ出るー!出るー!」が始まっちゃう。

この日は雨が降ってたから「雨が止んだらまた行こうね」と言い聞かせて様子見。

そしてまた「タマゴ出るー!出るー!」が始まってカメ部屋に行くと・・・

 

「どこ行くの?」

f:id:tarojiroko:20200511204049j:plain

 

ケビジの執念が勝ったのかそのうちに雨が止んだので

ダメもとで公園に連れて来てしばらく様子を見ていたら、

土がぬかるんで水たまりだらけの公園内を縦横無尽に行ったり来たり。

「やっぱりどこも水浸しだから無理かな~」と思いながらも、

ふと思い立ったように一目散にどこかに向かって行くケビジの後を付いて行って

たどり着いた先は・・・

f:id:tarojiroko:20200511204127j:plain

 

そう、郵便ポストの下。公園内はどこもぬかるんでるのに、ここだけは土が乾いてる。

広い公園の中でここを探し当てるなんて賢すぎっ!!(←親バカ全開)

その後はホリホリから産卵まであっという間で時間的に余裕があったから

今回は心ゆくまで埋め埋めしてもらった。

f:id:tarojiroko:20200511204203j:plain

 

存分に埋め埋めしたからタライ食堂でもモリモリ食べて食欲も全開。

f:id:tarojiroko:20200511204221j:plain

 

割れてた1個を含めると今回は5個。

f:id:tarojiroko:20200511204227j:plain

 

そして翌日はケビタの番。ケビタも「タマゴ出るー!出るー!」って言うから

公園に来てみたら、陽射しの心地よさに負けて思わず脚ピョン。

f:id:tarojiroko:20200511204331j:plain

 

「あれ?何しに来たんだったっけね?」

f:id:tarojiroko:20200511204341j:plain

 

あまりに気持ち良さげなので30分ほどお付き合いした後、

「日光浴ならベランダでしようよ~」と一旦帰宅。

再チャレンジでもなかなか良いホリ場が見つからずひたすらウロウロ。

ケビジと同じくアリの巣を覗いてみたりして、アリさんたちの襲撃を受けたり。

f:id:tarojiroko:20200512170110j:plain

 

何度目かのチャレンジでやっとこさ本格的にホリホリ開始。

それにしても何だかアゴがシャクレてるな。

f:id:tarojiroko:20200512170149j:plain

 

今回はケビタにも心ゆくまで埋め埋めしてもらった。

f:id:tarojiroko:20200512170204j:plain

 

ケビタは7個。

f:id:tarojiroko:20200512170216j:plain


今年、ケビジが最初に産卵した3日後にケビタが初産卵。

そして、それぞれ最初の産卵からキッチリ2週間後に2回目の産卵。

体内にカメカレンダーでも装備してるのか、

妙に規則正しく産卵する2カメなのだった。



◆ワビ・ガブ◆

前日の雨で水が濁りまくっててなかなか見つけられずしばらく探した末、

ワビちゃん発見!

f:id:tarojiroko:20200519195536j:plain

 

目が合うと「ゴハン来たー!」って感じでワシャワシャと寄ってきた。

f:id:tarojiroko:20200519195941j:plain

 

今日はお腹が空いてるみたいだね。

f:id:tarojiroko:20200519195610j:plain

 

ニョキッ。

f:id:tarojiroko:20200519195616j:plain

 

フードもパンもエビもイトミミズもたくさん食べた。

f:id:tarojiroko:20200519195632j:plain

 

◆カメ用農園

今年のベランダ菜園にはケビケビ用のニンジンとコマツナを加えてみた。

種を蒔いて、芽が出て、密集したところを少し間引いて。

間引いた芽はケビケビにあげれば捨てずに済むし、

上手く育って収穫できたら無農薬野菜だからヘルシーで一石三鳥!

 

f:id:tarojiroko:20200513134606j:plain

 

コマツナはカルシウムが豊富だから産卵期のこの時季には丁度良さげ。

以前あげてみたらケビタもケビジもよく食べてたけど、

毎日続けてあげ過ぎたせいか最後の方、ケビジはちょっと飽きてたっけ。

今回はどうかな~?

 

「ケビジちゃん、コマツナ食べる?」
f:id:tarojiroko:20200511203949j:plain

 

「ありゃ~・・・」

f:id:tarojiroko:20200511203959j:plain

 

「ケビタ~、コマツナ・・・」

f:id:tarojiroko:20200511204019j:plain

 

「・・・の間引き菜だよ、マビキナ」

f:id:tarojiroko:20200511204024j:plain

 

葉っぱくわえてドカベン岩鬼みたいだな。

f:id:tarojiroko:20200511204035j:plain

 

ケビタには「コレ、要らねぇ」って断られたこと無い気がする。

ベランダ日光浴中に盗み食いされないように気を付けなくちゃ。

 

 

◆ワビ・ガブ◆
【5/6】

ワビちゃん、この日はちょっとボーッとしてた。
f:id:tarojiroko:20200511203820j:plain

f:id:tarojiroko:20200511203827j:plain

f:id:tarojiroko:20200511203834j:plain

◆あの季節到来

今年もまたそろそろあの季節がやってきて

先月、桜の花が散り始めた頃からまたボチボチと公園通いを始めていたケビジ。

この頃は学校の休校やテレワーク、外出自粛の影響で平日でも公園は朝から大賑わい。

なもんで、私のバイトが休みだったこの日はうんと早い時間にやって来て

朝日を浴びながら公園を闊歩。

f:id:tarojiroko:20200429200044j:plain

 

ベンチの下でひと休み。

相変わらずマイペースで「あらカメさん、お散歩?」なんて声を掛けられるんだけど。

f:id:tarojiroko:20200429200059j:plain

 

そうです。目的は・・・

f:id:tarojiroko:20200429200117j:plain

 

コレです。一番下のは4.7cmの特大サイズ。

f:id:tarojiroko:20200429200937j:plain

 

今回はホリホリを始めて1時間以上経っても産卵せず大難産卵だった。

去年の夏、最後に産卵した後も何となくまだ抱卵してそうな気配があって

ずっと気になってたんだけど、まさかタマゴが詰まってて出したくても

出てこないなんてことないよね!?

思わず「ケビジ~!(お腹)ギューッ!ってしてごらん!」って声を掛けたら

本当に頭を引っ込めて「ギューッ!」ってし始めて、ほどなくして無事産卵。

あれっ、言葉が通じた!?・・・まぁ、偶然だったんだろうけど。

無事にタマゴが出てきて本当にホッとしたのも束の間、

いつもなら産卵を終えた後はタライ食堂で「埋め埋め」の動作をしながらも

フードに食い付くんだけど、今回はフードに見向きもせず。

水槽に戻ってからもちょっといつもと様子が違ってた。

f:id:tarojiroko:20200429200002j:plain

 

お尻の辺りが気になるのか、埋め埋めし足りないのか、どっち?

f:id:tarojiroko:20200429200234j:plain

 

その後もしばらくモゾモゾしてたけど、そのうち通常モードに戻って夜はグッスリ。

f:id:tarojiroko:20200429200317j:plain

 

ケビジの産卵が終わって「やれやれ」と一息つこうとした時、

ケビタから「タマゴできたかも」って顔をされ、またまた公園へ。

今度はケビタの公園通いが始まり、大きな穴を掘って「さぁ産卵」と思ったら

突然ホリホリを止めてみたり、振り返って掘った穴を覗いてみたり。

f:id:tarojiroko:20200429200429j:plain

 

そしてまたバイトが休みの日。朝日を浴びて闊歩するケビタ。デジャブ。

しかし、朝からフードをモリモリ食べて産卵に臨むカメって聞いたことないな。

f:id:tarojiroko:20200429200506j:plain

 

「たまにはよそのカメ達さんみたいに家の中で産んでみたら?」と

室内に放ってみると、やっぱり唯一興味を示すのはネコのブンタの爪とぎ。

f:id:tarojiroko:20200429200533j:plain

 

でも「掘れない」と悟ると家中を忙しなく歩き回り、根負けしてまた公園へ。

産卵目前までいってはゴミ収集車の音にビックリして止めてしまったりして、

何度目かの挑戦でようやく産卵に漕ぎ着けた。

f:id:tarojiroko:20200429200554j:plain

 

ただ、今回はケビタもいつもと様子が違ってて、タライ食堂でもフードに目もくれず

一心不乱に埋め埋め。食べ物を前にして食い付かないケビタは初めて見たかも。

f:id:tarojiroko:20200429200628j:plain

 

ケビタは6個。

f:id:tarojiroko:20200429200610j:plain

 

水槽に戻るとさすがに通常モードになって「何かくれ!」と言うので

またタライ食堂に移したら再び埋め埋めモードに。

f:id:tarojiroko:20200429200641j:plain

 

産卵後はちょっと埋め埋めしたところで強制帰宅させてしまうから、

たまには心ゆくまで埋め埋めさせてあげないといけないかな。

 

 

◆ワビ・ガブ◆

【4/30】

この日もワビだけ。

f:id:tarojiroko:20200430194018j:plain

f:id:tarojiroko:20200430194025j:plain

f:id:tarojiroko:20200430194033j:plain

 

ガブちゃん、早く元気な顔を見せておくれ。

◆エンドレス日光浴

ベランダ日光浴を満喫中のケビタ。

日中は結構暖かいとは言ってもこの時季は日が陰ってくると急に肌寒くなるから

体が冷える前に帰ってきて欲しいんだけど、一旦ベランダに出ると

ウトウトしながら延々と干し続けて一向に帰りそうな気配が無い。

f:id:tarojiroko:20200422144817j:plain

 

「ケビタ~!」

f:id:tarojiroko:20200422144824j:plain

 

「そろそろ帰ろ?」

f:id:tarojiroko:20200214164738j:plain

 

「風邪ひくから帰ろってば」

f:id:tarojiroko:20200214164746j:plain

 

「ほら、顔もカピカピに乾燥して真っチロけになってるじゃん」

f:id:tarojiroko:20200422144911j:plain

 

「あっ、また寝てる!」

f:id:tarojiroko:20200422144918j:plain

 

尚もネバってたらクルリと背を向けられた。

f:id:tarojiroko:20200422144933j:plain

 

こちらに向けられたそのお尻には全力で拒否の姿勢が示されていたのだった。

 

 

◆お知らせ◆

新型コロナウィルスの猛威がなかなか収まらない中、皆さまご無事でしょうか。

命を落とされた方々へ謹んでご冥福をお祈りします。

 

終息の兆しが見えず、日常生活がままならないストレスや自粛疲れで

何だか世の中殺伐としてきた気がします。

気になることは多々あるけれど、やっぱりこういう時に必要なのは癒しかなと思い

ブログとは別にケビケビ動画をアップしていくことにしました。

手が空いた時にちょっとずつ発掘しながらアップしてるのでまだ少ないですが、

お時間があれば覗いてみてくださいマセ。

 

https://note.com/tarojiroko

◆二亀二色の食欲

仕事の合間にケビケビの様子を見にカメ部屋に行ってみたら

ケビタ水槽にチラホラとウンチの形跡が。

「片付けなきゃ」と思ってウン片を目掛けてグイッとスポイトを突っ込んだら

ちょうどそこにスイーッと寄ってきたケビタの頭にゴンッと命中してしまった。

ビックリするやら痛いやらでパニくって「うわあぁぁぁ~!」と

水槽の奥の方へ逃げて行ったケビタ。

ほとぼりが冷めて戻ってくると憎きスポイトを睨みつけ・・・

f:id:tarojiroko:20200413191328j:plain

 

かたき討ち?

f:id:tarojiroko:20200413191314j:plain

 

じゃなくて食べようとしてただけ。

f:id:tarojiroko:20200413191307j:plain

 

相変わらず凄まじい食欲のケビタと対照的に日ごとに食欲が落ちてきてるケビジ。

多分、抱卵の影響だと思ってマンションの下にある広場に連れて行ってみたものの

あっちにテクテク、こっちにテクテク、延々と歩き回るばかりで

しば~らく待ってみてもホリホリしそうな気配はナシ。

 

「もう帰ろう?」

f:id:tarojiroko:20200413191538j:plain

 

お部屋散歩させてみると徐にネコハウスに入っていった。

まさかここで産む気?
f:id:tarojiroko:20200413191244j:plain

 

やっぱりお気に召さなかった模様。
f:id:tarojiroko:20200413191226j:plain

 

ネコハウスがダメならカメハウスでも作ってみようかな?

◆破壊王健在

ゴハンの時間が終わると、ぶくぶく(水中フィルター)の下に顔を突っ込んで

残飯探しをするケビタ。そのせいで大抵いつもぶくぶくは引っくり返ってるんだけど、

この日は綺麗に横向きに立ってた。

 

「・・・器用だね」

f:id:tarojiroko:20200201201201j:plain

 

このぶくぶくはケビタ用とケビジ用でそれぞれの水槽にひとつずつ設置してる。

でも、エアーを送るポンプは1個だけでチューブを分岐して使ってるもんで、

ケビタがぶくぶくを引っくり返すとケビジのぶくぶくにもちゃんとエアーが

送られなくなってしまうのだ。

f:id:tarojiroko:20200201201215j:plain

 

「だから引っくり返すの止めてよね」

f:id:tarojiroko:20200201201221j:plain

 

「聞いちゃいないや」

f:id:tarojiroko:20200201201232j:plain

 

因みにぶくぶくがひっくり返ってない時はヒーターのカバーが外されていたり。

これをやられるとカバーをハメる時に手がヒーターに当たっちゃって

「アチッ」ってなるからイヤなんだよね~。

f:id:tarojiroko:20200323110143j:plain

 

それ、こっちのセリフだからね。