読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメづくし

ノロマ?カワイイ?ユーモラス? 見れば見るほど面白い。知れば知るほどハマっていく。 キバラガメのケビタとケビジの日常を通して奥深いカメの生態を浮き彫りにし、その魅力を掘り下げるカメブログです。

◆姫路市水族館

水族館・動物園巡り

やって来ました、姫路市水族館。

入る前からカメさんがいっぱい。

f:id:tarojiroko:20130706152025j:plain

 

屋根とか

f:id:tarojiroko:20130706144447j:plain

 

床にも。期待が高まります。

f:id:tarojiroko:20130706152004j:plain

 

【ケヅメリクガメ】

リク(♂)、推定20歳前後。体重42Kg。性格、温和。

人間っぽい目が印象的。

f:id:tarojiroko:20130706132649j:plain

 

到着してすぐにエサやりタイムを見る事ができました。 

甘いものに目が無いようで真っ先にカボチャやリンゴに貪りつきます。

この子ぐらいの大きさだと、糖分の多いものばかり食べていると

ソフトボール大の結石ができるんだとか。

f:id:tarojiroko:20130711202451j:plain

 

食べたら出す。クンクンッ。

繊維質が残ってるので引っ張ってあげないと出ないぐらい

長~いうんちをするんですと。

f:id:tarojiroko:20130706150249j:plain

 

さり気なく置いてあったリクガメフィギュア。

アンディランドで購入されたという飼育スタッフの方の私物。

f:id:tarojiroko:20130706133143j:plain

 

もう1頭の「ごん」は不在。

屋上で土に潜ってるかも、と言われ捜索しに行きましたが

この日の屋上ビオトープは家族連れで大混雑。

暑さにも根負けし探しきれませんでした。

f:id:tarojiroko:20130706150231j:plain

 

水棲ガメの子ガメの展示ブース。

さしづめカメの幼稚園といったところでしょうか。

f:id:tarojiroko:20130706134908j:plain

f:id:tarojiroko:20130706135058j:plain

 

 卵が展示してあったり

f:id:tarojiroko:20130706135030j:plain

 

引き出しの中にこんな展示も。

「甲羅の裏側はどうなってるの?」

ローラーを回すと…

f:id:tarojiroko:20130706150308j:plain

 

グルーン!とカメの裏側が!

f:id:tarojiroko:20130706150320j:plain

 

スロープの踊り場には少し成長した子ガメたちが。

こちらは小学生ぐらいでしょうか。

水槽の底が透明で下の階からも見えるようになっています。

f:id:tarojiroko:20130706150020j:plain

 

【アオウミガメ】

本館のウミガメプール。

エサ用の海藻が調達できない時はキャベツをあげるそうです。

エサやりタイムが始まると14歳のこの子は

飼育員さんの足元でベストポジションを確保!

首尾よく真っ先にキャベツをもらって…

f:id:tarojiroko:20130711202748j:plain

 

落としちゃった!

f:id:tarojiroko:20130711202752j:plain

 

2012年に生まれたアカウミガメの赤ちゃん。来月8月で1歳。

30頭ぐらいが元気に泳いでいました。

何だかよく分からない感じに撮れてますが、

気持ち良さそうに排水溝にペッタリくっ付いて離れない2頭。

f:id:tarojiroko:20130711202756j:plain

 

こちらは掛け流しの水に当たる2頭。

f:id:tarojiroko:20130711202801j:plain

 

剝製や卵、骨、ホルマリン漬けのカメさん等の展示ブース。

f:id:tarojiroko:20130706143519j:plain

 

壁面にも剝製が。

f:id:tarojiroko:20130706143351j:plain

 

 【黄金のニホンスッポン

とにかくアクティブで忙しない子。

人間なら「落ち着きが無い」と通信簿に書かれるでしょう。

f:id:tarojiroko:20130706135346j:plainf:id:tarojiroko:20130706135404j:plainf:id:tarojiroko:20130706135338j:plain

 

カミツキガメ

獰猛なイメージがありますが、元来臆病で大人しいカメだそうです。

陸上では水中ほど俊敏に動けない分、身を守るために威嚇するんでしょうね。

f:id:tarojiroko:20130706151252j:plain

 

顔はカワイイですよ。

f:id:tarojiroko:20130706135521j:plain

 

 

カブトガニ

の赤ちゃん。

f:id:tarojiroko:20130706141652j:plain

 

【カメ池】

ガチャガチャのカプセルに入ったエサが売られていて

クサガメと子ガメ以外にあげる事ができます。

と言っても目の前に落ちれば食べてしまいますが。

1回100円。

射的のような的は、カメが食べやすい場所に投げるための目印。

f:id:tarojiroko:20130706142004j:plain

 

 

帰りのタクシー運転手さんには「あそこ、カメばっかりでしょ?」と

ややネガティブな意味合いで言われましたが

いえいえ、ワタクシドモはそのカメが目当てで来てますから。

入場料は大人500円、JR姫路駅からタクシーで約5分。

カメグッズが無いのが少々残念でしたが、

こちらもまた非常にカメ充実度の高い水族館でした。