読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメづくし

ノロマ?カワイイ?ユーモラス? 見れば見るほど面白い。知れば知るほどハマっていく。 キバラガメのケビタとケビジの日常を通して奥深いカメの生態を浮き彫りにし、その魅力を掘り下げるカメブログです。

◆おひとり様待合室

この頃、ケビジの爪が伸び過ぎて危ないから、

水換えする時の待合室でもなるべくケビタと一緒にいる時間を短くしている。

前はケビケビを同時に待合室に放り込んでたけど、

最近はまずケビジをおひとり様で入れておいて、

ケビタにはギリギリまで水槽で待機してもらう。

ま、おふたり様でもおひとり様でも大騒ぎする事に変わりはないんだけど・・・

f:id:tarojiroko:20150714162501j:plain

 

「またそんな人聞きの悪い・・・」

f:id:tarojiroko:20150731094552j:plain

 

「ちょっと我慢しててね」

f:id:tarojiroko:20150727152741j:plain

 

「まだ水換え全然終わってないから無理だよ」

f:id:tarojiroko:20150815132603j:plain

 

「ム~ッ!無理だってばっ」

f:id:tarojiroko:20150815132608j:plain

 

「ムム~ッ!!・・・じゃあ好きにしなはれ」

f:id:tarojiroko:20150815132614j:plain

  

・・・ホントに好きにし始めるケビジ。自力で帰ろうとしてる模様。

f:id:tarojiroko:20150817134300j:plain

 

一方、水槽で待機中のケビタは掃除用のスポンジを追いかけたり・・・

f:id:tarojiroko:20150816150259j:plain

 

水が抜かれた空室を見学したり、余裕こいてるけど次はオマエさんの番だよ。

f:id:tarojiroko:20150817134705j:plain

 

選手交代で待合室に入ったケビタ、やっぱり自力で帰ろうとする。

f:id:tarojiroko:20150817141521j:plain

 

でも、ずっしりボディを支える両腕は、筋肉疲労で乳酸が出まくり限界寸前・・・

f:id:tarojiroko:20150817141537j:plain

 

そして、ケビタもケビジも十中八九「スッテ~ン」と引っくり返り、脱走は未遂に終わる。

100回に1回くらいは飛び越えるけど、落下したはずみで引っくり返り

ジタバタしている間に待合室へ強制送還となるケビケビなのだった。