読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメづくし

ノロマ?カワイイ?ユーモラス? 見れば見るほど面白い。知れば知るほどハマっていく。 キバラガメのケビタとケビジの日常を通して奥深いカメの生態を浮き彫りにし、その魅力を掘り下げるカメブログです。

◆年末年始の過ごし方

去年の大みそかは早々に爆睡モードに入りそのまま年越ししたケビケビ。

f:id:tarojiroko:20161231210707j:plain

 

何事も無く一夜明けて元旦の朝。

「ケビジ、あけおめ」

f:id:tarojiroko:20170101090534j:plain

 

「ケビタ、あけおめ」

f:id:tarojiroko:20170101065835j:plain

 

相変わらず朝イチで干し干しし始めるケビジ。

最近はこうして水中に頭を突っ込んだまま寝てたりするんだけど・・・

f:id:tarojiroko:20170101113637j:plain

 

「い、生きてるよねっ!?」

f:id:tarojiroko:20170101113645j:plain

 

この冬のカメ部屋は暖房を使わず出来るだけ寒くしてるもんだから

陸地も20℃以下で寒いせいかさすがのケビジもあまり長くは干し干しせず、

水中でウトウトしてる事が多い。

f:id:tarojiroko:20170102111747j:plain

 

遅めに干し干しを始めるケビタは一旦干し始めると夜中まで延々とやってる。

f:id:tarojiroko:20170103183253j:plain

 

「い、生きてるよねっ!?」

f:id:tarojiroko:20170103183256j:plain

 

今朝も陸地のライトを点けると同時にケビジが上陸しようとしてたけど、

水は冷たいし、しばらく食べてないから力が入らないのか

何度も落っこちそうになって上陸するのも一苦労な感じだった。

f:id:tarojiroko:20170105064514j:plain

 

ケビタもスロープの下で固まってる。

f:id:tarojiroko:20170105081418j:plain

f:id:tarojiroko:20170105083624j:plain

 

こんなに寒くてもあっちこっちペロペロと脱皮しかかってるケビジの甲羅。

そう言えば、ケビタのウンチの中にも剥がれた甲羅らしきものがたくさんあったっけ。

f:id:tarojiroko:20170104091411j:plain

 

ひょっとして、飢えたケビタがどうにかして自分で自分の甲羅を剥がして

食べたんじゃないかと思ってたんだけど。

f:id:tarojiroko:20170104061120j:plain

 

いや、ケビタならやりかねない。